レビューメディア「ジグソー」

コストパフォーマンス◎

 

 

"Godox TT350S"中国のストロボメーカーであるGodoxが販売するSONYα対応のストロボです。

室内でのブツ撮りが多くバウンズをやってみたくて購入しました。

 

レンズは今のところ全て純正を選んでいますが、特に純正へのこだわりはありません(;^ω^)

SONY純正のストロボはとてつもなくお高い上に唯一現実的な価格で入手できるHVL-F20MはこのTT350Sとほとんど変わらない金額ではあるもののGN20かつ首振りができないと制約が多いのです。

(元々はHVL-F20Mを買おうとしていたなんて言えない)

 

更新: 2020/01/06
主な仕様

α対応の貴重な社外ストロボ

TT350Sの主な仕様です。

 

SONYマルチインターフェースシュー対応

ガイドナンバー:36(105mm,ISO 100)

露出制御:TTLオートフラッシュ/マニュアルフラッシュ

同期モード:HSS(1/8000秒)、先幕、後幕

ワイヤレスフラッシュ機能:マスター、スレーブ、オフ

バッテリー:単三電池2本

寸法:140×62×38mm

単体重量:200g

 

社外ストロボでは数少ないマルチインターフェースシューに対応しておりTTLでのオート撮影が可能です。

GN36も初めて外付けストロボに手を出す私には十分な性能です。

 

 

安い割に作りもしっかりしていてα7iiiに装着したらなんだか大迫力な見た目になってしまいました(;^ω^)

画像では装着していますが、ディフューザーも付属しています。

気軽に使うには少し厳ついような気もします(フードは外すのが正しいかも)

更新: 2020/01/06
コストパフォーマンス

社外でも十分じゃないか!

 

 

 

スペックだけ見ても必要十分な性能を持っているこのTT350Sですがなんと1万ちょっとで購入できてしまいます。

純正で比較的近いスペックのHLV-F32Mは倍以上の値段で販売されていて「左右の首振りが欲しい」or「どうしても純正がいい」という場合を除いてはこのTT350Sで十分だと思います。

SONYストアで買うと3倍もの価格が…

 

最後に作例を載せますが容量の都合で圧縮しているのであくまでも参考までに(´・ω・`)

レンズが違うので色味と影の付き方を見ていただければ良いかと思います。

 

 

 

 

SONY α7iii + SEL50F18F フラッシュなし

 

 

SONY α7 + SEL24105G フラッシュあり

  • 購入金額

    10,600円

  • 購入日

    2019年12月30日

  • 購入場所

    Amazon

8人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから