レビューメディア「ジグソー」

自動車のマフラーは意外と簡単に替えられる

愛車のレガシーBP5のマフラーがカタカタ言うようになってきました

調べてみると、マフラーカッターを取り付けているネジの受けが錆びて溶接が剥がれている模様

走るたびにネジがマフラーを打ちカタカタ鳴っているようです

 

溶接で修理も考えましたが、マフラーを下ろさなければならないし、うまく溶接できる保証もなし

古い車なので、今更新品のパーツを入れるのも何なので純正品の中古パーツを買って交換することにしました

パーツはヤフオクでポチッと、しました昔は墨田区の立川に買いに行きましたが、今は送られてきますので便利なものです

昔、アコードのマフラーを解体屋の親父から8,000円で買いましたが、今はレガシーBP5の純正マフラーはなんと3,000円(^^;)

 

マフラーのアッセンブリ交換は思えば30年ぶりです

 

 

マフラーの交換は自動車整備の中で簡単な分類に入りますがちょっとしたコツが入ります

 

問題点が何点かあり

 

・締めてあるナットが堅くて外れない

・車の下に潜って行うため揺らすとパンタグラフジャッキで行うと倒れて自分の上に車が落ちてきそうで怖い

 

といった事でしょうか・・・

 

マフラーは常に熱が掛かっているパーツなのでその接続部のナットは必ず錆びています、思えば30年前初めて替えたときには、外せなくて泣けたもんです

(外し方の助言をしていただいたHONDAのメカニックの方ありがとうございます。インターネットなど無かった時代本当に助かりました)

 

1点目は作業の流れで見ていくとして

 

2点目の車が落ちてきそうなのはいただけません、気合い1発ナットを外すので一瞬だけ車が揺れます。揺れても良くするにはジャッキアップしなきゃ良いわけで、そのためにはどうするか

 

こういう整備用のスロープも売っていますが・・・・(なんと6,200円で売ってるよ、30年前は12,000円くらいしましたが・・・)

(参考URL)

https://item.rakuten.co.jp/tokun/10000167/?gclid=Cj0KCQiA0NfvBRCVARIsAO4930kwSvg09TiuCpoa3celQXAm87lwOw5vUtKXPAERZjnY1Sb-PPzpXrgaAts4EALw_wcB&scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

手元に無いので今回は使いません(持っているのですが・・・)

で、今回は、側溝の蓋に使うグレーチングを2枚借りてきました。

そもそもU字抗の上に蓋としてかぶせて、通路にする物ですから、車が上に乗ろうが、人が乗ろうが壊れないので安心です

グレーチングってこんなやつ・・・

ちなみに売ってます・・・1枚約3,000円

参考URL(モノタロウ)

https://www.monotaro.com/p/2285/1772/?utm_medium=cpc&utm_source=Adwords&utm_campaign=246-833-4061_8351441661&utm_content=89680347310&utm_term=_380604218787_1o1_pla-326727105018&gclid=Cj0KCQiA0NfvBRCVARIsAO4930kgtSjfzFiQROFaxOuSE5_6K41wYS68v1ncn_qPSvPVhSmqBTBYYpYaAsEWEALw_wcB

これを駐車場の車止めの上に乗っけてスロープを作り車を乗せて整備をします

グレーチングで坂を作ったら車をバックさせて乗せます

ちなみにグレーチングの下にはいらないコンパネなどを引きましょう、角でアスファルトに穴が開きます。

 

スロープに車を乗せたら交換します

 

今回はマフラーの太鼓の部分だけを替えますので、パーツはあまり重くありません

 

まずエンジンを切って、車の下に潜ります

 

段ボールなんかを敷いておきましょう

 

見てみるとこんな感じ、このネジを2本外して、フレームに釣ってあるマフラー本体をゴムブッシュごと強引に外せば外せます

 

問題はこのネジ、熱い場所に放置され、尚且つ雨水が掛かるところ、絶対に錆びています

オートメカニック紙などでは、CRC556何かをかけてしばらく置いて~取り外すなどと書いてありますが、取れた試しはありません

 

このネジは、反対側が、ナットになっており、ボルトの頭がもげても外れますが、再利用したいのでそれも却下です

 

開かなければ、サンダーで削っちゃうと言う方もいますが、これも却下

 

で、結局は、長いスピンナ-ハンドルで気合い1発開けます

(色々やってこれが一番確実です)

長さは、600mmは欲しいところです

 

 

ナット側でもボルト側でも良いのでスピンナーハンドルをかけておいて、反対側には長めのメガネレンチをかけて、どこかのボディーに当てて回らない様にしておきます

 

ここで、バキッと回ってしまえば、後は、電動インパクトレンチで外してしまいます

 

外れたら、2カ所のゴムで釣り下がっていますので、強引に外します、頭の上に落とさない様に気をつけるのと、中から水が出てくるので、被らない様に気をつけましょう

 

新旧比較です、マフラーカッターが変っています、ロットによって違うのでしょうか??

左だけで良かったのですが、バランスが崩れるので、左右交換することにしました

外したマフラーからスクレーパーを使って、ガスケットを剥がします。

少し壊れましたが、ガスケットは柔らかい金属ですので、瞬間接着剤で借り止めしておいて再利用します

ちなみに、サービスマニュアルには、ボルトもガスケットも新品を使えと書いてありますが、街工場のおっちゃんにもったいないから、再利用しろと言われてから、再利用しています(^^;)

実際になんら問題ありません

外した逆の順番で取付けて完成です・・・(^_^)v

 

3,000円で直りましたよ・・・

 

車をしっかり固定出来ていて

 

外れれば簡単ですので、皆さんもトライしたらいかがでしょうか?

  • 購入金額

    3,000円

  • 購入日

    2019年12月16日

  • 購入場所

    ヤフオク

10人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから