レビューメディア「ジグソー」

約束は守られました

父親が亡くなった時 ご参列いただいた方からお声掛けをいただきました

 

お父さんから「画を書いてよ、僕の画を」 ずっと頼まれていたんですが 間に合いませんでした。

 

そのうち、そのうちと思っていたのですが もうしわけないことをしました と。

 

 

父親が自分の肖像画を依頼していたお相手は 坪内成晃さん

 

京都精華大学の3代前の学長さんです  

 

因みに坪内さんの次は有名な漫画家の竹宮恵子さん 今の学長はアフリカ出身ウスビ・サコさんです

 

 

そして 百ヶ日法要と納骨が住んだ頃 約束が果たされたんです

更新: 2019/11/28
由来

50年以上のお付き合い

 

これは おそらく50年以上だと思うのですが 坪内さんがお店のためにデザインしてくださった

マッチ箱です

 

このタッチは 半世紀を経ても やはり色濃く残っているんだな と感じてます

 

 

中央に晩年の父親 常にネクタイもしくはアスコットタイを締め、上着を着ていた様子が忍ばれます

向かって左には母親が

その左右には おなじみのお客様方が並びます

 

キューを構えている様子は、遺影に選んだ「父親の最盛期の頃の写真」がモチーフだと思います

 

 

左上の「玉」は お店の看板がモチーフでしょう

 

 

写真をお預けして 肖像画を制作していただけるサービスもあると伺いますが

ここにあるのは 生前の様子を肌で知る方だからこそ描くことができた 肖像画だと思ってます

確かに約束は果たされました

 

私にもカメラマンやペインターの知り合いはおりますが

果たして 私が死んだ時 この写真を使ってくれ この画を飾ってくれ と言ってもらえるような

人生を歩んでいるのかどうか そんなことを考えさせてくれるきっかけにもなりました

 

坪内さん ありがとうございます

 

 

 

 

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2019年11月頃

  • 購入場所

    坪内成晃画伯からの寄贈品

21人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • 北のラブリエさん

    2019/11/28

    京都精華大学といえば今とてもマンガなどに力を入れていると聞きます。
    とても人柄が偲ばれるような素敵な肖像画ですね。
  • フェレンギさん

    2019/11/28

    北のラブリエさん お褒めに預かり恐縮しております ありがとうございます



    カーグラフィックの名物コーナー 駄車・名車・古車 デザイナー的見解の執筆者である
    永島譲二さんの特別講義が開催されたことがあるんですが 行きたかった
    けど行けていない

    CG1月号には永島譲二さんのイラストカレンダーが付くのでたのしみにしてます

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから