レビューメディア「ジグソー」

普段使いのフォールディングバイク

いつの間にか増えていたフォールディングバイクです。

 

「折り畳み自転車はタルタルーガもあるのに何故に買うのか?」と言われてしまいましたがタルタルーガは輪行の後に「100kmぐらい走る前提の準ロードバイク」としての折り畳み自転車であり、Tern Link N8は406という小さい径のホイールの自転車で「普段使い+ちょっとした輪行」に使うという位置づけの折り畳み自転車です。使いどころが違う自転車と言えます。

 

自転車乗りのジレンマというものがありまして、本気で自転車に乗ろうとすればするほどウェアを着たりシューズやヘルメット、グローブ、アイウェアをつけたりと乗る準備に時間がかかるようになります。普段着でサッと乗れる普段使いの自転車が必要なのです。そういった普段使い用の自転車としてTern Link N8には価値があります。対応身長が142 - 190 cmと広いのも良いですね。

 

 

Tern公式が「日本限定で誕生したLink N8だが、そのバランスの良さから世界展開モデルへと成長した定番モデルのアーバンコミューター」と言っているように日本で街乗りするために作られたバイクなのでとても使い勝手が良く、普段使いにお勧めのバイクだと思います。

 

 

折り畳み時のサイズはD38 x W79 x H72 cm、重さはメーカー公称で12.8 kgですが泥除けを外してシートポスト、ステム、ペダルなどを軽量な物に交換しているので現在の重さは10kg程になっています。

 

変速は8速から10速に、シフターをグリップシフターからサムシフターに、ボトムブラケットをアルテグラに、ブレーキをシマノのBL-R780とBT-T610にとカスタムしています。余っていたパーツをつけていったらこれくらいのカスタムになりました。速く走る自転車とは考えていないので、これ以上いじることはないと思います。後はハンドルバーをカーボンにしようかなというくらいです。

 

 

 

 

「Tern Bycycles」は有名折り畳み自転車メーカー「DAHON」の創業者Dr.David Honの実の息子Joshua Honが立ち上げた自転車メーカーです。普通より大きい24インチのフォールディングバイク「Tern Eclipse」や電動フォールディングバイク「Tern Vektron」、650cの「Tern lip」などDAHONより攻めた自転車を作っているメーカーです。

 

 

ロゴのアジサシが人気です。素敵なロゴですよね。

 

 

 

 

Ternという名前は1年で7万km飛ぶキョクアジサシから命名されたそうです。

 

 

Nフォールドテクノロジーという、フレームジョイント部から「N」の字の様にフロントホイールをそのままスライドさせて折りたたむフォールディングが特徴です。

 

 

 

 

これがとても折りたたみやすく、よくある単純な二つ折りよりも素早くコンパクトにたたむことが可能になっています。DAHONから派生したメーカーだけによく研究されています。

 

 

 

Ternでは普通で10秒、慣れれば5秒で折りたためると言っていますが、実感としてそれくらいで折りたためます。ほぼ同じ大きさ、構造のTern vergeの折り畳み動画を上げておきます。

 

 

 

Tern Link N8はTernの折り畳み自転車の中でミドルグレードに位置するバイクです。コンビニとかスーパーの駐輪場に置いても大丈夫なギリギリのラインのバイクではないかと思います。グレードの高いTern verge X11などはフレームが曲線で構成されていて非常にカッコ良いのですが高すぎてそこらの駐輪場には置けないです。Tern Link N8も十分カッコ良いですし普段使いに丁度良い感じがします。DAHONで言うとBoadwalkやHorizeあたりが競合車種でしょうか?

 

 

 

 

 


リアディレイラー:シマノ105 RD-5700
リアスプロケット:シマノ105 CS-5700-10s 12-25T
シフター:シマノSL-R780(右) SORA<、>105
ブレーキ:シマノDEORE BR-T610 SORA<、>105
ブレーキレバー:シマノ ULTEGRA BL-R780
クランク:シマノ105 FC-5700
チェーンリング:シマノ105 FC-5700のアウターの52tのチェーンリングをシングルとして使用
ボトムブラケット:シマノ ULTEGRA SM-BBR60
チェーン:シマノCN-6701
ハンドルバー:軽量無印
フロントホイール:ノーマル(406)
フロントタイヤ:Schwalbe Citizen
リアホイール:Q2 Quasar(406)
リヤタイヤ:Schwalbe Marathon
サドル:ノーマル
ステム:Lite pro
シートポスト:Lite pro


 

近場を走り回ったり、車に積んだり、輪行したりとゴリゴリ使っています。

リクセンカウルのバックは持っているのでフロントにラケッジトラスを付けようかなとは思っています。

 

 

参考資料にラケッジトラスの画像も貼っておきます。

 

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2019年02月09日

  • 購入場所

15人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • きっちょむさん

    2019/07/15

    Ternかっこいいですよねー!
    所々、105やらアルテグラが入ってるのが拘りを感じますw

    小径車って、結構衝撃来るって聞きますけど、どんな感じですか?
  • タカキさん

    2019/07/15

    きっちょーさん
    コメントありがとうございます。

    普通の人は分からないけど見る人が見ると「おっ」となる程度です。
    衝撃はちょっと多めですね。カーボンフォークでもないですし。
    グリップをERGONとかに変えると良いですよ。

    ハンドルバーをカーボンに変えるともう少しいいのかもしれませんが
    406と小径なのでスピード出さないしそのままでいいかなと思っています。

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから