レビューメディア「ジグソー」

初心者には難しいが、自身でルーターの設定経験があれば使いこなせそう

価格が安くなっていたし、ルータが古かったのでこの機に購入。

比較になるかどうかわからないが、今まで使用していたNECの「WR8750N」と比べました。

 

***入っているもの***

箱の上部にアンテナ、本体とその底に電源ケーブルとLANケーブルが入っていました。

あとは説明書と保証書、「WTFast」のユーザー登録方法と訪問サポートの書類です。

左が「RT-AC86U」、右が「WR8750N」・・・アンテナ部も含めると「WR8750N」が4つぐらいの大きさ(^-^;

 

電源アダプターですが見た目以上に場所をとり、上下タイプのコンセントに繋げる場合、上の写真のように下の部分は大きいのは使えないです。

 

***セットアップ***

ブラウザを起動すればインターネットセットアップが自動的に起動。

ようこその次はルータのログイン設定、そしてプロバイダー情報(環境によっては表示されない)、そして無線の設定画面。

ワイヤレスのSSIDは通常他のメーカーだと決めることができないが、決めることが出来る・・・というより決めないと進めない。正直忘れたらリセットしないといけないことを考えると初期設定のままの情報が選択できればっと思う。

そしてファームウェアの更新を行えば完了。

 

***設定画面***

まずIPv6を含めて、このゲーミングルーターの目玉であるQoSやWTFast、AiProtectionにAiMESH、OpenNATにトラフィックアナライザーに加えて、IPv6も含めて初期設定ではOFFになっているので必要に応じてONにする必要がある。

なお大半の昨日は以下のようにトレンドマイクロの利用承諾をする必要がある。

なお下の方に共有情報を無効に云々と書かれているが、これを共有しないにすると自動的にQoSなどの機能もOFFになってしまう。機能を使うには共有するしかない。

またASUSにもプライバシー画面で情報が共有されており、共有しないにすると一部機能が使えなくなるようです。

 

***有線速度***

回線についてはおそらく1G回線・・・っというのもインターネットが最初から引き込まれている賃貸物件なので、正確な情報はわからず。IPアドレスを検索するとCTC・・・コミファで有名な中部テレコミュニケーションのようです。

なおこの上記による環境のせいか、コミファは既にIPv6対応ですが、経由地に問題があるのかIPv6に設定してもIPv6と認識せず、以下の測定結果はIPv4によるものです。

 

上が今までの「WR8750」、下が「RT-AC86U」。若干早くなってはいるが劇的ではない。

「WR8750」にはトラフィックモニターはなかったので、今までWindows上でずっと「TCP monitor」というソフトを常駐させており、「WR8750」では下り400Mbps台が限度だったのに対し、「RT-AC86U」では600Mbps台を記録することがあり、乗り換えた価値はあったのかな?っと(^-^;

 

***無線性能***

まずは電波強度

端末にはsony製の「Xperia Z5compact」を使用。

なお5GHzにおいては「WR8750N」は11nまで、「RT-AC86U」は11acに対応。

  

  

左側が「WR8750」、右が「RT-AC86U」で上段が5GHz、下段が2.4GHz。

マップの左下がルータの近く、右下が同室のデスクトップPCが置いてあるデスク、左上が寝室でそれぞれ測定。

測定タイミングによって誤差は出るとは思うが、総じて「RT-AC86U」の電波が強いことが伺える。

 

速度についてはspeed.testのアプリを使用。

同じ11nの2.4GHzは寝室で電波が強い分、上りが改善したぐらいでそれ以外は測定タイミングなどの誤差だと思われる。

5GHzは11nと11acとの規格が違うので大きく差は出た一方、デスクトップで400~600Mbps出ていることを考えると測定で使用したスマホの性能不足が足を引っ張っているようだ。

 

***アンテナの向き***

アンテナについては向きを動かして調整できるのだが、設置している場所が地面から1mというところにあり、真上に伸びている状態から向きを動かすと逆に電波強度が落ちた。

よほど高いと設置しないのなら真上のままの方が良さそう。

 

***その他、総括***

ルーターのメモリについてはシステムモニタで見る限り初期設定で約半分、QoSやトラフィックモニターをONにすると75%近くまで消費するが、これ以上は現状大丈夫そう。CPUは今の所、最大でも20%ほど、一人暮らしなのでこちらも余裕。

 

今までの「WR8750N」では、ネットで同時に複数のブラウザーゲームを起動させたり、裏の画面でダウンロードを同時進行した場合、PCの性能やネットの帯域に余裕があるにも関わらず、フリーズしたり切断したりしていたが、このルーターに変えてから初期設定でも十分軽減されていたが、QoSを設定したらほぼ改善された♪

 

過去に自身でルーターの設定をしたことがある人にとっては、結構わかりやすいインターフェースでゲーミングルーターだからと強固に構える必要はない。

一方でBUFFALOなどのボタン一発設定がなかったり、説明書はセットアップのみだったり、FAQは英語だったりと今までルーターを使用したことのない人や自分で設定したことのない人には、さすがに敷地が高いと思う。

一方で発売からすでに3年近く経過しているのに、未だに相当な頻度でファームウェアがアップデートされている。BUFFALOにしてもNECにしても、よほどのことがなければ1~2年で更新されなくなるのに・・・(^-^;

 

一般的なルーターからゲーミングルーターを初めて乗り換える人向けにはうってつけだと思う。これで満足すればOKだし、設定に不満があればより上位のゲーミングルーターに乗り換えれば良い。

  • 購入金額

    14,990円

  • 購入日

    2020年03月16日

  • 購入場所

    ビックカメラ

10人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから