レビューメディア「ジグソー」

Helveticaの元となったフォント

Linotype社のフォントであるNEUE HAAS GROTESK DISPLAY(ノイエ・ハース・グロテスク・ディスプレイ)が無償配布されていたので、早速入手しました。

 

生い立ちや使い方についてご紹介したいと思います。

 

NEUE HAAS GROTESKは、“ハース社の新しいサンセリフ(グロテスク)書体”という意味で、1957年に発表された古い歴史のあるフォントです。

 

この時代は、勿論パソコンなんてありませんでしたから、金属活版が主流。

 

このフォントは完全なオリジナルというわけではなく、ドイツのAkzidenz-Grotesk(アクチデンツ・グロテスク)という名前の書体をコピーすること目的だったようです。ですが、もっと素晴らしいものを作りたいという書体デザイナーの思いから一から作り直したのが、このNEUE HAAS GROTESKというわけなのです。

 

その出来は素晴らしく、世界で販売できると考えられ改名され発売されたのが、世界で最も有名で人気のある「Helvetica」ということらしいです。

 

 

そういうことで、生い立ちもご紹介したところで、NEUE HAAS GROTESK DISPLAYのデザインを見ていきたいと思います。

DISPLAY(見出し用)書体ということで、フォントサイズを大きくして使っても可読性が良く、すっきりしたイメージを出せるようなデザインになっています。字間を若干詰め気味ですね。

Helveticaとの違いは見た目上、ほぼないのですが、文章を組んだときやRを切り替えられる機能があったりと、微妙に差があったりします。

 

更新: 2018/03/10
総評

デザイナーの自己満になりがちですが・・・

Helveticaを持っていて、このフォントを持つ理由を探してみても、殆どにおいて他の方が持っていない(かもしれない)というデザイナーの自己満になってしまうかもしれません。

 

しかし、やはりHelveticaの元となったフォントだけあって、質は高く、またプロユースのフォントであるので、個人レベルにおいてもHelveticaを持っていないのであれば、積極的に採用してもよいフォントだと思います。

 

 

なにせ無料ですしねっ

 

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2018年02月22日

  • 購入場所

    Linotype

15人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから