レビューメディア「ジグソー」

レインボーなTrident-Z

G.SkillのOCメモリ「Trident-Z」シリーズの新作。

RGB-LEDにより、派手に光りまくる「光物好き」待望の製品。

 

Trident-Zシリーズのヒートシンク形状はそのままに、LEDライトバーが追加された格好だが、メモリ基板の設計から起こしなおされており、追加の電源やコントロールケーブルは一切ない。

 

うちのマザーはMSI製なので未確認だが、ASUSのRGBコントロール規格「Aura」への正式対応を謳っている。

 

ちょいと実装状態からお見せすると、こんな感じ。

写真で見る限りだとそこまで光ってない感じもするが、実際の輝度はかなり高い。

デフォルト動作時では、上から下に色がナナメに変化しつつ流れるような動作をする。

 

なお、このLEDパターンはOS上より操作が可能だそうで、現在は未リリースだが2月にも発光パターンを設定出来るアプリがリリースされる予定。

 

ちょいと離した状態からの写真だと、結構輝度が高いことが分かる。

今までの構成だとマザー周り、特にメモリ周りが全く無個性だったので、このメモリを装着したことで一気に目立つ状態になった。

 

んで、肝心の性能のほうであるが・・・・このメモリ、実際には3200でXMP動作可能なスペックを持つんだけども、うちのマザーがH170なので2133以上に設定出来ず、限界性能は未確認。

確認出来る環境になり次第、メモリベンチマークでも回してみようとは思うのだが、RYZENさんいつ出るんだろうね・・・・

 

パッケージはこんな感じ。

オーバークロックワークスさんからの購入なので、OCmemory扱い。

OCmemoryのおねいさんも健在である。

保障は他のTrident-Z同様に永久保証。

 

中身はメモリとG.Skillのステッカーが二枚。

というか、これ二本組のパッケージが中に二つ入っている構成なので、ステッカーも二倍入ってた。

この製品構成からすると、Quad動作は保障されているかどうか不明。

 

単独のメモリはこんな感じ。保障シールは裏側にある。

なお、ライトバーの部分の固定はかなり遊びが大きく(触るとカタカタ動くレベル)、バーの側にLEDが仕込んである様子もないので、光っているLEDは恐らくメモリ基板側の実装。

 

正直、うちの環境には勿体ないレベルの性能があるメモリなんだけども、見た目のためだけに買ったので、容量も性能も完全にオーバースペックなのは否めない。

3200のメモリとして考えてもかなり高いので、万人にお勧めできるかと言えばNOだが、見た目だけなら久々に強烈な製品。満足度はかなり高い。

  • 購入金額

    43,000円

  • 購入日

    2017年01月21日

  • 購入場所

    OverClockWorks

コメント (2)

  • hidechanさん

    01/21

    かああぁけぇぇぇ~!!!
    ナイス光です(*´▽`*)
    当初4枚組を購入する予定はなかったのですが、これは4枚が良い!
    来月IYH~しちゃいそうですw

    しかし、せっかくのメモリが配管で隠れちゃっている@@
    これは、配管引き直し&VGAもお水ひいちゃうフラグが(*´▽`*)
  • Vossさん

    01/21

    hidechanさん

    配管訂正はRYZEN積み替え確定以降の予定です。
    ただ、訂正しても、メモリに被るのは避けられないですねぇ・・・・(ハードチューブだと落差調整ミスると配管がすっぽ抜ける)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから