レビューメディア「ジグソー」

もうすぐ正月だから、ベイ・シューの”A HAPPY NEW YEAR”を聴いてみた

 

A HAPPY NEW YEAR(ベイ・シュー)です。

 

【美しすぎるジャズシンガー】として知られる、 徐蓓 Bei Xu ベイ・シューのセカンドアルバム”ロスト・イン・トランスレーション”の中の一曲。


「何となく聞いた事があるな?」と思ったら、松任谷由実の作曲によるあの ”A HAPPY NEW YEAR”でした…。

 

(これには「日本語の部分はありません)

 

徐蓓は、中国の重慶出身で、現在もニューヨークで活動中ということ。

 

アメリカのインディアナ大学で会計学を学んでいたそうで、英語の発音にも何の違和感も持ちません。

 

ただ、後半部分を日本語で歌っていますが、はっきり言って日本語は余り得意ではないみたいです。

 

日本語で歌うと言う企画には、やや無理があったように感じます。


英語のままで通した方が賢かったと個人的にはかんじています。

 

この曲、ユーミンの他に色々なアーチストが歌っており、個人的にはAbbaの歌が明るくて好きだが、ベイ・シューはベイ・シューで良いと思う。

 

蛇足だが、「ラブ・ミー・テンダー」は本家 「エルヴィス・プレスリー」を知っている世代としては、誰がどのように歌っても満足はしない…。


収録アルバム: ロスト・イン・トランスレーション

作曲:Yumi Matsutoya

 

登録情報

 

Composers:  Yumi Matsutoya
オリジナル盤発売日: 2007/1/17
発売日: 2014/2/14
レーベル: Universal Music LLC
著作権: ℗© 2007 Universal Classics & Jazz, a division of UNIVERSAL MUSIC LLC
収録時間: 5:37
ジャンル:クラシック > オペラ・声楽

 

ロスト・イン・トランスレーション 


1. オーディナリー・ピープル
2. イッツ・エイント・オーバー・ティル・イッツ・オーバー
3. メロディ
4. アイ・ラブ・ユー、ポーギー
5. ア・ハッピー・ニュー・イヤー
6. クレア
7. ユーアー・ビューティフル
8. ラブ・ミー・テンダー
9. ユー・ギブ・ミー・サムシング
10. イントロダクション・オブ・ア・ハッピー・ニュー・イヤー
11. タイム・アフター・タイム

 

 

容姿について(すっきり!)

 

「良い」とか「悪い」では無くて、とても気になっていたことなので「一言」!


「日本の女優さんの誰かに似ているな?」と思っていたが、やっと答えが出てスッキリ!

 

「爆笑問題の田中の奥さん」にも似ている。

(「商品画像」ではなく、この頁の冒頭で使った画像)

更新: 2016/12/27
芸術性

素晴らしい歌声!

すっかりファンになりました。

  • 購入金額

    250円

  • 購入日

    2016年12月27日

  • 購入場所

    Amazon

11人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから