レビューメディア「ジグソー」

6⇒8⇒10

所持する音楽データに対する私利私欲...イヤ私情私見あふれるコメント、音楽の杜。こういった分野のものは「好み」ですし、優劣を付けるのもそぐわない気がしますので、満足度の☆はあくまで私的な思い入れです。イベント用に作成された楽曲は一過性に終わりがちですが、いろいろな楽曲がちりばめられると時間を経ても楽しく聴ける場合もあります。今年末のイベントに向けて作られながらも良質な曲も多く、繰り返し聴けそうな作品をご紹介します。

「芋づる式洲崎綾Part2」。動画⇒Webラジオ⇒オーディオCDと興味が広がった女性声優洲崎綾(あやっぺ/ぺっちゃん)つながり。今年(2015年)も無事?開催される事になったシーサイド・コミュニケーションズが製作するWebラジオの合同ライヴ企画「SEASIDE LIVE FES」。今年で3年目を迎えるこのライヴ、1年目がキャパ800の会場、

2年目が1200なのに比べ、

今回5006!(多すぎるっっ(by西

ま、あれだけ直前までオクでチケットが出品されていて入りを心配した「洲崎西 SUPER LIVE

も、ふたを開けてみると少なくとも1階席はほぼ埋まってたから、ある程度は埋まるんだろうけれど。

今回出演も番組数が1つ増えて5番組10人に。ただよく見ると内容的には入れ替わりが大きい。2013⇒2014年の時は新たに参加した1番組の他に1番組のコンビが変わったため、計8人中3人が新メンツだったが今回は2014年の時から2番組が新たに加わり、1番組が参加しない。そのため10人中新顔が4人。それは2013~2014年の時はみんなのまとめ役という立ち位置だった古参番組「ごぶごぶちゃん☆」が今年の9月で番組終了し、中村繪里子と田村睦心が参加しないから。

3年間の参加メンバーの変遷。地色はそれぞれのパーソナルカラー
3年間の参加メンバーの変遷。地色はそれぞれのパーソナルカラー

このかわりに昨年末から始まった番組「りめいく!」と初の男性声優の参加となる「BELOVED MEMORIES」が加わる。しかしこのことによってライヴにおける各番組のカラーが微妙に変化した(各パーソナリティーを表すパーソナルカラーという意味ではなく)。特に男性コンビが入ったことで担当する曲調・分野の微調整があった感じ。CDもついに2枚組(他に特典映像DVDが付く)になり、いろいろな曲調が楽しめる。

なぜか3年通してCDでのトップは「洲崎西」(ライヴでは今年もラスボス?)。もともとシーサイド・コミュニケーションズの番組の中ではジョーカー的立ち位置で、いろんな面がある彼女たちはコミカルフレーバーもあるノリの良い曲と恋する気持ちを歌う切ない曲を両立させていて、以前から「曲のカラー」という意味では幅広かったが、今回の変化はコミカルタッチなものが少なくなって、今まで「ごぶごぶちゃん☆」が担っていたガチ系の曲の比率が高まったことと、それを表現するためか、自分たち名義の単独アルバムを出した流れなのか前年までに比べて声の造りが自然なこと。とくにライヴではコールが鳴り響きそうなノッリノリの1曲目「Polar Star」で、あっちゃん(西明日香)のかわいらしい声の導入に続いてぺっちゃん(洲崎綾)が♪Shine/私を照らす照明/月明かりのstage♪と入るところの声は素直で自然な柔らかい声でいいなー。ほんっといい声(大事なことなので2回(ry。彼女たちの歌詞の内容は相変わらず「元気出していこう!」「もっと高いところをめざそう!」という活力溢れるものが多いんだけれど、今まで「甘ずっぺえええなあああああʅ( ՞ਊ՞)ʃ≡ ≡ʅ( ՞ਊ՞)ʃ」系だった?学生時代の恋の歌、という風な切ない感じの曲は、愛を歌う「ど」バラードに変化。ただ男女のことを歌っているのであろう歌詞が、取り方によってはあっちゃん⇔ぺっちゃんの関係とも取れるような境界を漂っているのはさすが(「誰のためでもなく」)。♪たとえば世界が今日/終わるとしたって/いつも変わらずただ/君のそばで過ごしたい/たとえば世界が今日/終わるとしたって/涙じゃなく笑顔で/その時を迎えたいよ♪作詞家さん(漆野淳哉)GJ。

つづく「あどりぶ」はへごちん(大橋彩香)とゆっこさん(巽悠衣子)の組み合わせ。もともとホリプロのタレントスカウトキャラバンで見いだされただけあって、へごちんの歌唱力・表現力は定評がある。でもCD聴いてびっくりしたのはゆっこさんの歌!あきらかに前年よりうまくなってる!曲も相変わらず元気と若さがあふれる感じの楽しい曲が多いが、他番組と違ってパート割が互いの歌にかぶせるように歌うようになっている曲がいくつかあり、ここでゆっこさんがへごちんに聴き劣りしないのはスゴイ!ライヴ本番が楽しみ。もしライヴで前年同様トップバッターなら、出だしに来そうな爆アゲ↑↑曲、「STAR LIGHT☆PARTY」!ビートの効いたガンガン行ける曲で、へごちんの芯のある声に安定度を増したゆっこさんの声が絡み、スピード感とパーティ感がパない。とくにラス前のブレイク気味の部分で“スターライトパーティ!!”と入るセリフのところは盛り上がるだろーなー。

続いては新規参加の「りめいく!」。「ありがた系迷惑プレゼンショー はるか・ちなみの『りめいく!』」というのが正式名のこの番組は、その名の通り佳村はるか(るるきゃん)と橋本ちなみ(ちーちゃん)がパーソナリティ。るるきゃんはアイマスの城ヶ崎美嘉を担当したりしていて安心して聴けるし、ちーちゃんも音程的には安定している。ただこの二人、声の質も声域も近いので使える音域が制限されるのもあり?そのキャラクターも併せて一番「アイドルっぽい曲」が充てられている。懐かしいビット数が荒い感じの「ハンドクラップ音」がノリを出す「Girl Meets Girl」では♪出会いはキセキだね/どうしてこんなにあふれるほど/人がいても/君にねえ会えたから♪と歌うが、このあたりのかわいらしい楽曲担当というのは立ち位置的には2013年の「洲崎西」っぽい。

2枚目に移ると男性コンビ「BELOVED MEMORIES」。たまこまーけっとで共演したぺっちゃんや事務所同期のあっちゃんと仲が良い田丸氏こと田丸篤志と、女性声優内田真礼たその弟、内田雄馬たそ。さすが男性組、へヴィ系一手引受けという感じで激しくハードな曲調が多い。雰囲気としてはジャニーズ事務所がユニット量産してた時代の楽曲っぽいイメージ。歌詞も結構危うい感じが多い。「ぶきっちょ☆レボリューション」では♪恋のイロハよりもアイウエオ/アイはウエオ目指すもの/不器用でもいい/いつも真っ直ぐな/ハート♪というヤバさwいままで「SEASIDE LIVE FES」は出演者が女性声優ばかりだったので観客は圧倒的に男性比率が高かったみたいだけれど、彼らの参加でどう変化するか。

付属DVDより、うじ(左:田丸氏)とたそ(右:雄馬タソ)。女性をどれくらい呼べるか?
付属DVDより、うじ(左:田丸氏)とたそ(右:雄馬タソ)。女性をどれくらい呼べるか?

ラストのコンビは「内田さんと浅倉さん」の内田彩(うっちー)と浅倉杏美(あずみん)。うっちーはラブライブ!の南ことり(μ's)での活躍に加え単独名義の音楽CDを何枚も出しているし、あずみんもアイマスの人気キャラ萩原雪歩で何度もレコーディングしているため二人のバランスが高いところで釣り合っていていい感じ。この催しでは前年まではあずみんが絡むユニットはハードパート担当という感じで激しい曲が多かったけれど、今回男性ユニット「BELOVED MEMORIES」が加わったからか、若干その色を弱めている。しかし、相変わらずビートの効いたキャッチ―な曲が多く、イメージ的には「アニメ主題歌感」が漂う曲が多い。ハードな「Silver Ring」は♪明日へ届け/僕らの見た未来を/守るために進め♪というサビの歌詞に加えてその前のスネアがガンガン盛り上げるドラミングがまるでロボットアニメのオープニングテーマ!!

メンツ的には3年間通しはユニットとしては「洲崎西」だけで、それに3年連続参加メンバーとしてはあずみんが加わる。今回いままで司会的役割で舞台を回していた中村繪里子が参加しないことで、パーソナリティーの役割も変わるのかなー。でも「洲崎西」のふたりは進行役をやることはないだろなー。参加回数とかラジオの支持率から考えると重鎮となって会を切り盛りしてもおかしくないんだけれど、その姿がまったく想像できないジョーカーっぷりwたぶんあずみんところとみんなのお兄さん田丸氏が回すのかなー...

ついに2CD+DVDの豪華3枚組にw
ついに2CD+DVDの豪華3枚組にw

そのあたりと楽曲がどう再現されるか........観てくるぜ!(ぇw

【収録曲】
<DISC1>
1. Polar Star/洲崎西
2. 誰のためでもなく/洲崎西
3. Double Rainbow/洲崎西
4. Dream Power/洲崎西
5. STAR LIGHT☆PARTY/あどりぶ
6. 友・愛Dilemma/あどりぶ
7. 檸檬のデッサン/あどりぶ
8. survivor!/あどりぶ
9. トキメキShooting/はるか・ちなみの「りめいく!」
10. Girl Meets Girl/はるか・ちなみの「りめいく!」
11. ヒカリ/はるか・ちなみの「りめいく!」
12. 恋の魔法の謎解き/はるか・ちなみの「りめいく!」
<DISC2>
1. 星屑のヒロイン/BELOVED MEMORIES
2. 君を愛せる時/BELOVED MEMORIES
3. ぶきっちょ☆レボリューション/BELOVED MEMORIES
4. XIZUNA/BELOVED MEMORIES
5. present/内田さんと浅倉さん
6. Silver Ring/内田さんと浅倉さん
7. Crystal Illusion/内田さんと浅倉さん
8. Unforgettable Day/内田さんと浅倉さん
9. Thank You For Being You(SEASIDE LIVE FES 2015テーマソング)/全員曲
<DVD>
1. Making of 10FLAVORS

  • 購入金額

    6,000円

  • 購入日

    2015年12月06日

  • 購入場所

    洲崎西 SUPER LIVE 会場物販

13人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから