レビューメディア「ジグソー」

電圧違うけど、動いちゃった

Lenovo Thinkpad T410用の標準バッテリー、その互換品です。

当時、このバッテリーはいくつかの機種に使われてたようです。

売り文句だとE520、T410、T510でOKとのこと。

 

今回は持ち物のThinkpad T510に使いました。

 

交換する前にラベルを確認しましたが、セル数はともかく電圧も違いました。

  • 交換前の純正:14.4V 2.2Ah=3.7vを4本直列、4セル
  • 交換後の互換品:10.8V 5.2Ah=3.7vを3本直列2ペア、6セル

明らかに違いますね。

コレで大丈夫か?と思いつつ交換してみましたが・・・問題なく充電できました。

現在は充電が終わってバッテリー駆動をさせていますが、特になにも起きていません。

いきなり電源がプッツリ落ちたりとかしませんし、焦げ臭いにおいもしません。

 

Windows10を入れて、HDDを500GBに交換したThinkpadT510をおよそ3時間2時間、駆動できるだけの電力があるようです。

SSDなどに交換すれば、もう少し伸ばせると思います。

15インチの大きな液晶に電力効率の悪い初代core i7、さらにnVidiaのGPUをのせてコレなら、まあそんなものでしょう。

 

中国製のバッテリーセルなので書いてある容量は話半分程度だと思いますが、

純正で1万円はしたものが、3000円代になるとは思いませんでした。

 

進歩ってすごいですね。

  • 購入金額

    3,000円

  • 購入日

    2015年09月12日

  • 購入場所

    マートヴァスト楽天市場店

9人がこのレビューをCOOLしました!