レビューメディア「ジグソー」

Intel Galileo USB電源制御用

Intel GalileoはUSB接続の仕様上、ボードが立ち上がってからしか、USB機器を接続できないことになっています。
PC的に使用するには最大のウィークポイント。

そこで、USBコネクタの電源供給ラインを遅延起動させるような回路が必要となります。

aitendoさんのUSBブレークスルー基盤を二基使い、その間にこの時限タイマーを入れてやることに。

USB基盤とコネクタのセット
USB基盤とコネクタのセット

メス側

基盤完成

完成
完成


動作電圧4.5V〜6V
リレー下にあるM・C・Bホールの内、Cを出力側USBコネクタの31pinと接続。Mを入力側USBコネクタの31pinと接続。GNDはつながっている状態だけど、仕様は回避できるはず。

USBのコネクタ仕様(from Wikipedia)
USBのコネクタ仕様(from Wikipedia)


問題はシャットダウン時のタイミングだが、ボード側に遅延コンデンサを入れて様子を見ることに。
東信の16V 1000μFを四発用意してみた。

タクトスイッチは検証用に取り付け。
タクトスイッチは検証用に取り付け。



【追記】
タクトスイッチ部分に別途ワンショットのリレーでも入れてやる必要があるなー

【5/2】
「トリガ回路つかえばー」と、ショップのおにーさん。
0.1μFのセラコン買いに行かなきゃ。
【5/3】
0.1μFだとダメで、10μFの電解コンデンサだとOKでした。
ただし、電源OFF後の電源再投入までにある程度時間を置かないと動作しません。
ダイオード入れてやらないといけないか・・・

【5/10】

USBのオスメスコネクタが揃ったので、USBバス電源の遅延接続回路部分は完成。

 

  • 購入金額

    1,100円

  • 購入日

    2014年04月25日

  • 購入場所

    ㈱波夢人

7人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから