レビューメディア「ジグソー」

ランチジャーにも15年ぶんの進化を感じます

 

18年前にランチジャーを買って、この製品を買う少し前まで所有していました。

 

タイガー魔法瓶のステンレスランチジャー「LWC-K170」というモデルでした。 

 

 

15年ぶりにまたランチジャーが欲しくなり、購入したのですが、

店舗で手に取ってみるだけでなく、メーカーのサイトでも調べることができたのが、

15年前とは違うところです。

 

21世紀のランチジャーとして選んだのは、タイガーでも象印でもなく、サーモス。

 

 

いずれも

● 3気室構成で、パッキン蓋付の汁物容器を下段にして、

● 魔法瓶のような保温壁の中にそれらを積み重ねて入れる。専用の箸&箸箱付。

● タイガー「LWC-K170」が約1.7合 vs サーモス「JBA-2001」が約1.6合の容量

というほぼ同一の仕様です。

 

 

実際に使ってみて、

 

□ 保温力と容量は変わらないが、

 

サーモス JBA-2001 のほうがハッキリ体感できるほど軽量であり、

 

□ パッキンの密封性や洗い易さといった細部で15年分の進歩を感じる

 

という感想をもちました。

 

 

 

主に味噌汁を入れることを想定されているであろう汁物容器は、

新・旧どちらも味噌汁を入れるぶんにはそう違いは感じません。

 

しかし、サーモスさんの汁物容器のほうが、底部のアール形状が尖っておらず底面の

平坦円の面積が広いためタイガーさんよりも「円柱」に近い形状になっているおかげで、

豚汁のような具材の多い汁物を入れる場合、より多くの具を入れることができます。

容量もその分多くなっていて、フタの開け閉めに必要な力も少なくて済みます。

 

 

あと、タイガーさんのほうは容器の色が白っぽいこともあって、

カレールーやキムチ鍋汁みたいな色やにおいがキツイ食材をいれるのが

ためらわれましたが、サーモスさんのほうはネイビーという濃い色なので

洗い易いことと相まって、躊躇せずカレールーなンかも入れていました。

 

 

 

3つの容器のうち「汁物担当」に最も進化を感じた

 

ということになりますね。

 

 

そうそう、サーモスさんは各パーツのバラ売りもしてくれますよ

  • 購入金額

    1,980円

  • 購入日

    2011年10月02日

  • 購入場所

    ホームセンターコーナン 新大阪センイシティー店

12人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加