レビューメディア「ジグソー」

無印EVOからの機種変更です。

Android2.3→4.0へのアップデート見込みと、
HTC自身のサービスとして、端末紛失時の追跡サービスに対応していた事、
また無印EVOからHTC製Androidファンになったため機種変更にて購入しました。

この製品は発売時期と性能に反して不人気モデルの為、
投げ売り価格だった事も購入の助けとなりました。


無印EVOと比べると、解像度が上がったためアイコンや文字がやや小さく表示されます。
全体的な性能の底上げやRAM増量に伴って、よりスムーズに動作するようになりました。

無印EVOにPOWER AMPというアプリを入れて音楽を聴いていましたが、
無印EVOも携帯プレーヤーとしては中々の音質でしたが、
更にSRSエンハンスという機能がEVO3Dには採用されており、
更に高音質との触れ込みでした。

…正直、POWER AMPでイコライザーを設定するのであれば、
このSRSエンハンスは不要なばかりでなく、
OS4.0へアップデートすると機能しなくなった為、
この点は残念なところ。

カメラの3D機能は、風景を撮影する場合には楽しいものですが、
他に3D表示が出来る機器がない為、
あまり意味を成しませんでした。
無印EVOの800万画素から500万画素へ落ちましたが、
そこはあまり大きな差異は感じておりません。
PC等での表示ピクセル数の面で考えると、これでも十分以上です。

また、私はAndroidでゲーム等負荷のかかる事はしません。
結果的に無印EVOで事足りましたが、
これはこれとして十分なものでした。


無印EVOになく良かった事は、
しっかりした位置と造りのストラップホールがある事と、
無印EVOと互換性のないHTC謹製ウィジェットを使える事、
OSアップデートに伴い不要アプリの凍結が可能な事、
バッテリー容量の増加です。

この買い物で得られた一番大きなものは、
自分が使う場合のAndroid機に求めるスペックの程度の理解でした。

これ以上の高性能は自分には恐らく要りませんが、
カメラの起動と動作の速さ、HDR撮影が元々可能な事から、
ゆくゆくはHTCJにさらに機種変更したいかも、と考えております。

HTCJButterflyが今冬発表されましたが、
+WIMAXに代わって高速通信が別に出来るようになったものの、
7GBの通信量制限が設けられている為、
自宅回線に+WIMAXを利用したい方の場合は、
無印EVO、EVO3D、HTCJの方が良さそうです。
  • 購入金額

    2,000円

  • 購入日

    2012年05月10日

  • 購入場所

    テルルモバイル

3人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから