レビューメディア「ジグソー」

例のマウスパッドと組み合わせれば最強に見える

ゲーセン向けプライズ品の「すーぱーそに子」キャラクターUSBマウス。箱側面に「すーぱーそに子」さんの解説がある辺りも親切です。
あ、ちなみに結構前から使われていたNitro+(ゲームメーカー)のマスコットで、何かとエイプリルフールネタとかで大活躍してたんですが、今年ついにゲームになったので「ゲーム主人公」に昇格ですね。

また話それてるよ
また話それてるよ


「マウスパッド」は形状問わずキャラクター品が多いのだが、案外マウスとなるとキャラクター品は少なく、プライズ向け製品が殆どだ。
今回のプレミアムレビューの際、「MSI アイちゃんケース」「窓辺ななみキーボード」「ENERMAX エナちゃんマウスパッド」の3点をそろえたものの、これに見合うPC関連ネタマウスが見当たらず、キャラクターモノでも比較的PC色の濃い「すーぱーそに子」さんマウスを狙って確保してきたというわけです。


めっちゃからふる
めっちゃからふる


3色のバリエーションがあり、それぞれ本体&ドットカラーと、絵柄が異なる。私が今回入手したのは「ブルー」と「ピンク」だが、何故かブルーしか単品写真を撮っておらず、写真はほぼブルーのもの。でもプレミアムレビューで実際に使用したのはピンクというちぐはぐっぷり。



マウスとしてみればやはり「一昔前の廉価マウス」と言ってかまわない。
非常に軽く、2ボタン&ホイールのみの超シンプル構成。ホイール後方にボタンがあるように見えるが単なる突起だ!

赤く光りまくるいかにもベーシックな光学センサーを使用しており、感度もそれなりで使用場所も選ぶ。プレミアムレビュー内で「快適な操作にはマウスパッドも欠かせない」と書いたのはわりと本気だったのだ。
ただその赤く光りまくる光学センサーをうまく利用して、側面のクリアー部分から赤い光を出すという光物的ギミックを持っている。
ホタルイカじゃないでゲソ
ホタルイカじゃないでゲソ

暗いところで見ると本体ごと光って見えるが、これはこれで面白いのでヨシ。

ヘタしたらゲーセンで数百円で取れるだけに、マウスとしての機能をとやかく言うのはナンセンスだろう。


しかしなんといっても本領はその「塗装」。
おそらく塗装の上からクリアーを吹いているようで、ツヤツヤした質感なのだが、塗装…というより印刷品質が高く、細かい主線までしっかり判るし発色も良い。
さすがに紙媒体に比べれば限界があるが、表面がざらついてしまうマウスパッドや、布地へ印刷するグッズと比べるとむしろこちらのほうが綺麗に見えるだろう。
Ricoh CX3の無駄遣い
Ricoh CX3の無駄遣い


という訳でキャラクターグッズとしては高品質(?)なので優秀な一品。あと私が小さいマウスが好みなのもあって案外手にフィットしてしまったのは予想外だった。
  • 購入金額

    500円

  • 購入日

    2011年12月頃

  • 購入場所

コメント (12)

  • なつめぐさん

    2011/12/22

    せめて手のひらで包み込む部分が
    柔らかな素材なら・・そのやわらかな素材が
    2つに割れてるとかってことなら
    興味を示す人たちはいるに違いない(・・b
他9件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから