レビューメディア「ジグソー」

Android開発環境を構築

先日の日記に書いたとおり、とある事情によりAndroidのビルドにチャレンジしています。
そのビルド環境としてWindows OS上に、現段階ではUbuntu10.04をゲストに迎え、環境を構築しています。

ネットワーク設定も特に難しいことはなく、NATでホストのネットワークを使用するため、既存のネットワークから構成を変更する必要なく、接続することが可能でした。
また、VMWare Toolsをインストールすることにより、Windowsのフォルダを共有フォルダとして、ゲストOS(Ubuntu)からマウントすることが可能です。
この機能を知らず、以前はわざわざSambaを立ち上げて、ファイル共有していました。

以前、Virtual Boxを使用していましたが、大差なく使用できています。
逆に差を感じられないのは、私の知識不足のためかもしれません。

VMWare4になってからVMKernelが64bit化されたらしいです。
というのも、私がメインに使用しているPCにVMWare4をインストールしようとしたところ、必要な機能が満たされていない旨の警告が表示され、インストール出来ませんでした。
まだまだ現役、社内でも中の上あたりに位置していると思っていたPentium4 HTマシンは、すでに時代遅れのマシンのようです。
人間もマシンも、若いと思っているのは自分だけなのかもしれません。

Androidを含む組み込みLinux開発を行っていると、仮想環境が当たり前になり、ホスト+ゲスト×2等で動作させることも多々にあります。
しかし、現在使用しているマシンではゲスト×1が限界。こういうスタイルで開発をしている以上、もっと爆速なマシンが欲しいと思えてしまうのは欲張りなのではなく、必然だと思える今日この頃です。
  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2012年04月04日

  • 購入場所

13人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (6)

  • 某支配人@御酒解禁~♪さん

    2012/04/11

    ホスト+ゲスト×4+仮想テスト機×?
    で?を15とかやったら、負荷が大きすぎてかなりヤバかったです。

    ホスト+ゲスト×4+仮想テスト機×8までにしています。
  • 蒼-aoi-さん

    2012/04/11

    そこまでいけるものなんですね。
    論理プロセッサ数程度が限界かな?と思ってました。
    なので、現状12あたりかなと。
    すべてがフルフルに走っているわけではないので、+αがあるでしょうけど。
  • 某支配人@御酒解禁~♪さん

    2012/04/11

    テスト機はゲスト機の2倍までなら、問題なかったです。

    ゲストOS=コア数、テスト機=スレッド数と見ています。
他3件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから