レビューメディア「ジグソー」

転換点

所持する音楽データに対する私利私欲...イヤ私情私見あふれるコメント、音楽の杜。こういった分野のものは「好み」ですし、優劣を付けるのもそぐわない気がしますので、満足度の☆はあくまで私的な思い入れです。アーティストにとって長い活動を続けるうちに、後から振り返ると「あ、あそこが変わり目だったな」というアルバムがあります。そんなランドマーク的な盤をご紹介します。

ユーミンこと松任谷由実。荒井由実の名でデビューし、アレンジャー・キーボーディストの松任谷正隆と結婚、改姓し現在も活動を続ける芸歴?40年の才女。全曲の作詞作曲を行うシンガーソングライター。あくまで女性目線の歌詞と、洋楽の影響を受けたイカした(←死語)旋律はそれまでの「フォークソング」とは一線を画していた。

そんな彼女も長い活動期間の中で何度か作風が変遷している。デビュー当初は「あの日にかえりたい」など洋楽のテイストを効かせながらも「フォークソング」の範疇にあったが、1980年代になり映画“ねらわれた学園”主題歌「守ってあげたい」のあたりから当時ニューミュージックの分派として一大ムーブメントを引き起こしたシティポップスの女王として君臨する。その後本作から数作ミリオンセラーを連発し、商業的なピークを迎えるが、1990年代末以降は少し(売り上げ的にも)落ち着き、また自分の世界を構築する作業に入っている。

本盤「Delight Slight Light KISS」は彼女の商業的ピークのはじまりとなったアルバムだった(8連続ミリオンセラーアルバムの1作目)。さすがに高品質な曲も多い。また当時音楽制作現場では隆盛を極めていたSynclavierを多用し、特にドラムスは2曲を除いてすべてSynclavierを用いて録音された。Synclavierの当時としては群を抜く高品位なサンプリング機能と、一体化したシーケンサー機能を駆使し、あまり「リズムマシン」くささを感じないパフォーマンスとなっている。

「リフレインが叫んでる」。なんといってもこのアルバムはこの曲につきる。意外なことにシングルカットはされていないが、1980年代後半のユーミンの代表曲。Synclavierの硬いノリ、ヘヴィなディストーションギターのカッティングに乗せて彼女が歌う♪どうして/どうして僕たちは/出逢ってしまったんだろう/こわれるほど抱きしめた♪リバースシンバルの左右に振り分けた効果音を伴うブレイクがドラマチックだ。

「ふってあげる」。Jhon Robinsonの硬いドラミングが他の曲のSynclavier打ち込みのドラム音と違和感がない曲。Larry WilliamsやJerry Hey、Gray Grantらのホーンセクションがオブリを入れる小粋な曲だが、歌詞は終わりそうな恋に♪私が自由を望んだふうに/ふってあげる♪と最後のつよがり/やさしさをみせる女性のことを歌った曲。

「誕生日おめでとう」では♪月日が灯した/夢を吹き消して/静かに二人を/遠去けても/いつしかそれぞれのケーキにナイフいれる/誕生日おめでとう♪とかつての恋人と自分に等しく流れる時間に想いをはせる彼女の歌声が、ギターのアルペジオ風(クレジットからするとサンプラーによるもの)のバックに載せて流れる小品。かつての荒井由実時代の薫りがする。

このアルバムを奔りとして彼女はビッグセールス街道をひた走るのだが、その後の数アルバムはキャッチーな楽曲と時代の最先端の音響処理で高品位ではあるけれども、今まで見られた彼女の情景を切り取ったようなスルドイ歌詞と洋楽くさい洒落た旋律を持つメロディはそのパワーを落としていく。そのバランスがかろうじて成り立っている、そういう意味でのターニングポイントとなっているアルバム。

そうそう、cybercatが持っているのは1988年発売の初盤だけど、このアルバムジャケットは見る角度によって絵柄が動き、奥行きを感じる特殊印刷のもの。
スキャンするとあんま立体的じゃないね(^^ゞ
スキャンするとあんま立体的じゃないね(^^ゞ
ま、コレクターですから...

【収録曲】
1. リフレインが叫んでる
2. Nobody Else
3. ふってあげる
4. 誕生日おめでとう
5. Home Townへようこそ
6. とこしえにGood Night(夜明けの色)
7. 恋はNo-return
8. 幸せはあなたへの復讐
9. 吹雪の中を
10. September Blue Moon

松任谷由実HP(試聴ファイルあり)
  • 購入金額

    3,200円

  • 購入日

    1988年頃

  • 購入場所

18人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (6)

  • cybercatさん

    2011/09/17

    kusabuturiさん、いつもどうもです!
    おぉぉぉKISS!
    学園祭ではCATMAN顔に書いて(書かれて?)汗だくでドラム叩いたこともあったなぁ...
    そいえばkusabuturiさんの新プロフ画像も額にペインティングしてますねw
  • 退会したユーザーさん

    2011/09/17

    懐かしい!!!
    仰る通り、色んな意味でユーミンの転換点になったアルバムですね。
    日本のレコード会社があんなにお金をかけてプロモーション展開した初めてのCDなんだそうです。

    売れ線ポップの要素を入れても手堅いサウンドで纏めてくるのは賢いなぁ、と当時思ったものです!
    ユーミンのオリジナルアルバムをリマスタして売って欲しいですよねぇ。
他3件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから