レビューメディア「ジグソー」

サポート期限が切れるまで使い倒します。

ウチのMacbook Pro


に初期搭載されていたOSは10.5だったのですが、買った途端新しいOSが出て、お値段も手頃だったので購入。
残念ながらIntel Mac専用で、旧PPC Macにはインストール出来ません。この段階で(09年で)PPCユーザーは足切りを食らったのでしょうか…

Leopardと比べると大胆な変更はなく、むしろ不満の目立つところを改善した細部のチューンナップが施されています。
Exposeでウインドウをまとめた時に、10.5では各ウインドウがごちゃっと纏まって煩雑でしたが、このバージョンでは上部に非最小化、下部に最小化したアプリケーションのウインドウが並ぶようになりました。
並び順もきちんとタイルのように整然と並ぶようになりました。
他にも、システム環境設定で一緒くたにされていた「キーボードとマウス」パネルがキーボード、マウス、トラックパッドと独立しました。
ハードウェア段に注目。
ハードウェア段に注目。


他にも、コンテキストメニューにコマンドショートカットが表示されなくなりました。
ファイル右クリック時のコンテキストメニュー。
ファイル右クリック時のコンテキストメニュー。

ユーザーフレンドリーを考えてのことかと思うのですが、これは賛否両論です。個人的にはコマンドショートカットも併記して欲しかったです。
上の写真では「情報を見る」(Windowsでいうプロパティ)は Command + I です。個人的に多用するので併記して欲しかった…。


メジャーアップデートではなく、かゆいところに手が届く小手先マイナーアップデートという印象です。

しかし、内部は色々と変わっているらしく、パッケージにもその旨明記されています。
なんでも、Grand Central Dispatch(以下GCDと略す)とか云うマルチコア最適化技術が組み込まれています。

今までGCDの恩恵に預かったことは無かったのですが、マルチコア対応のエンコーダなどではなかなかどうして、威力を発揮します。
Any Video Converterでエンコードを行ったところ、CPU使用率が最高で180%位まで行きました。(2コアなので)

機能的には概ね満足で、Rosettaが搭載されているのもこれが最後なので、今のところ自分的には10.7にアップグレードしようという気は起こりません。
Painterなど、PPCアプリがあるため、おいそれとLion以降に行けないのです。
それに、私の所有しているモデルではCPUがIntel Core2Duoなので、何となくLion以降はキツいかも…

なお、RosettaはOSのインストール後、別途にインストールDVDから導入する必要があります。
この辺りで、もうAppleがPPCの遺産を捨てようとしている気が垣間見えます。

ソフトウェア・アップデートで10.6.8までバージョンアップできます。
10.6.8辺りでApp Storeアプリがインストールされるので、そこからLionを購入することも可能です。
  • 購入金額

    3,300円

  • 購入日

    2009年頃

  • 購入場所

    Apple Store

13人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから