レビューメディア「ジグソー」

「…ぼ、僕は、僕はあの人(MX-R)に勝ちたい」

マウスのモデルとなった、クスコ・アル少尉も3号機に搭乗したとされるMA
マウスのモデルとなった、クスコ・アル少尉も3号機に搭乗したとされるMA

 


 今回レビューさせて頂く商品は、「Logicool Wireless Mouse G700 」です。


日本より先に製品発表した米国では、「Wireless Gaming Mouse G700」という型番でゲーミングマウスとして発売されています。

 

国内はもっと幅広い層に受け入れられるために変更した模様。

 

有線/無線の両方の接続に対応した 「クリエイティブプロフェッショナル仕様(クリエイターに最適なプロ仕様?)」を謳うハイエンド「ワイヤレスマウス」です。

 

 

更新: 2016/11/01
動作環境

レビューするにあたり、使用する主な機器はこちら

 


【CPU】インテル Core 2 Quad プロセッサー Q9450(2.66 GHz)
【メモリ容量】3GB(1GB×2 512MB×2、ビデオメモリー共有)
【HDD の製品名、型番】SEAGATE ST3500830AS (容量:500GB 回転数:7200rpm キャッシュ:8MB インターフェイス:Serial ATA300) (2台をRAID 0にて使用)
【グラフィックスカード】MSI グラフィックボード AMDシリーズ R5770 Hawk (PCIExp 1GB) 搭載チップ:ATI/RADEON HD 5770 ドライバーバージョン8.920.0.0
【OS】Windows 7 Ultimate SP1 32bit

 

【マウスパット】

 


【レビューに使用するゲーム】バトルフィールド3での使用体験をメインにレビューしていきます。

 


【現在使っているマウス】このマウスと比較しながらレビュー。

 

更新: 2015/07/27
商品構成

付属のUSBケーブルが少し硬いので、有線接続の際若干扱いづらい。

 

 

レビュー品到着 & 梱包編

 

 

パッケージ表

 

パッケージ裏

 

充電用ケーブル(MicroUSB)とレシーバー用延長ケーブル
充電用ケーブル(MicroUSB)とレシーバー用延長ケーブル

 

保証書と取扱説明書
保証書と取扱説明書
更新: 2015/07/27
セットアップ

ボタンの役割を変更したい場合には、ソフトウェアの導入が必要。

 

 



ソフトウェアのダウンロード

 G700はドライバをインストールしなくても、そのまま利用可能です。
ただし、出荷状態だと一部のボタンが割り当てられていません。
全ての機能を利用したい場合、またカスタマイズしてボタンの役割を変更したい場合には、「ロジクールのソフトウェア「SetPoint」の導入が必要となります。
G700にはソフトウェアインストール用のCDが付属していませんので、「SetPoint」を公式ページよりダウンロードしてくる必要があります。

 


ソフトウェアの設定

デバイスの選択
デバイスの選択

 

ベーシック詳細情報
ベーシック詳細情報

 

ボタンの設定
ボタンの設定

 

ポインタの設定
ポインタの設定

 

バッテリーの設定
バッテリーの設定
更新: 2015/07/27
主な仕様

重さとチャタ以外は不満なし。


①反応速度
 我々には無線、有線の挙動の違いがわからなかった。
これは勘違いを意味するのか?否!現実なのだ!
人類史上最高のマウスと称される「MX-R」ですら成し得なかった無線式マウスの弱点、「挙動のラグ」や「スリープ復帰時のもたつき」すら克服して見せたのである。
この事実に驚愕しない者は存在しないであろうと、私は断言する!!!
(一部KT式レビュー法を使わせて頂きました。)

「Direct Input Mouse Rate」によるマウスレート計測

MX-R
MX-R
 
G700
G700


初期設定の数値500Hz以上出ています。

 

マウスのポーリングレート
マウスのポーリングレート


「SetPoint」の設定により最大1000Hzまで上げられます。



②クリック感


 メインスイッチはカチッカチッという音で深い感触、それ以外はコツコツという音で浅い感触です。
MX-Rより押した感があるので、好みが分かれるかもしれません。

③他ボタンのアドバンテージ


 中央に高速スクロール機能搭載のホイールがあります。
ホイールを回した時のカチカチがある「click-to-click」モードと、指で回すと回り続けるHyper-fast scrolling」モードを切り替える方式になっています。
モードの切り替えが、MX-Rだと押し込み式の切り替えでしたが、G700だと別ボタンでの切り替えとなりました。
シンプルな分こちらのほうが壊れにくそうです。
「Hyper-fast scrolling」モードのすべりがMX-Rよりもいいので、少し止まりにくい印象を受けました。

 


 左に汎用ボタンが4個、固まっているので慣れが必要です。
握り方や親指の置き方により、左のボタンに指を合わすと右のボタンが押しづらくなります。
右のボタンに合わせると今度はその逆です。
手の大きい方の押し分けは、相当困難だと思います。

④ワイヤレスの良さ
 ワイヤレスの良さ以前に重すぎるので、利点が損なわれていると思います。
マウスを動かしても初動がMX-Rより悪く、滑りにくく感じました。
ゲームに用いなければ、有線と同じ感覚で操作できるすばらしい無線マウスですが。
「マウスパッドとの相性じゃないか?」というご指摘を受けましたので後で試したいと思います。
マウスはたくさん持ってますが、マウスパットがまともな物を一つしか持っていないので…。

⑤重量
 このマウスの最大の欠点です。
MX-Rとくらべてもスペック上の重さよりだいぶ重く感じます。
まあ慣れるんですが、若干疲れやすく感じます。

⑥ケーブル


 付属ケーブルが少し硬いので、少し扱いつらいです。
もっと細いケーブルかやわらかいケーブルに変えたほうが良いかと。
他社製の細いケーブルに変えることにより、操作感は劇的に変わると思います。
PCに接続することで充電しながらの作業や、充電池を外した状態での動作にも対応しているのは、充電池の持ちが悪いので助かります。
マウス正面下部にラピットアクセスケーブルポート(充電用のケーブルを差し込み口)が有ります。
ケーブルが若干挿し難いので、改善の余地があるかと。

⑦電池


 こんなに多機能で、しかもMX-Rより重いのに充電池1本…。
2本にしたらさらに重くなるので致し方ありませんが、やっぱり電池が持たなさすぎ…。
 ゲーム用として利用する場合、無線のみで過ごすつもりなら交換用のエネループを常備するか、毎日充電が必要ですね。
ちなみに、フル充電まで4~5時間かかります。
充電する際、いちいちケーブルを刺さなくていけないのは面倒ですし、若干挿しにくいです。
クレイドルじゃないと、こうも面倒くさいとは。

⑧レシーバー


 超小型なので、ノートPCなどに挿したまま外さなくて持ち運べるので便利です。
またマウス単体で持ち運ぶ場合でも、マウス内部に収納することができるのでなくす心配がありません。
ただ、MX-Rと違って電池蓋を外してからじゃないと挿せないのは面倒です。

紛失する可能性は下がりますが。

⑨手へのフィット感
 なんか左右の部分がざらざらしているせいか馴染めず、慣れるまで2日ほどでかかりました。
値段のわりに触り具合が若干安っぽいのが残念です 
親指の触れる場所の触感は、MX-Rみたいなラバーがよかったです。
MX-Rの後継機は「Performance Mouse M950」ですが、私には大きすぎるので購入を断念しました。
G700は形状はMX-Rとだいぶ違いますが、大きさはかなり近いのでMX-Rに馴染んでる人なら違和感なしで使えると思います。
少し背丈が高すぎるせいか重く、疲れやすく感じてしまうのが残念です。

⑩ゲームでの利用

 

BF3で試しましたが、予想以上に相性が悪く感じました。
MX-Rと比較すると、あきらかに反応が遅れます。
重すぎるせいなのか、滑らないせいなのか、下手糞なせいなのか(汗)

更新: 2015/07/27
モデル比較

両方最高だけど…。

MX-Rとの比較

 

上面 (左:G700 / 右:MX-R)
上面 (左:G700 / 右:MX-R)

 

裏面 (左:G700 / 右:MX-R)
裏面 (左:G700 / 右:MX-R)

 

横面(左:G700 / 右:MX-R)
横面(左:G700 / 右:MX-R)

 

縦面(左:G700 / 右:MX-R)
縦面(左:G700 / 右:MX-R)

 

レシーバー①(上:G700 / 下:MX-R)
レシーバー①(上:G700 / 下:MX-R)

 

レシーバー②(上:G700 / 下:MX-R)
レシーバー②(上:G700 / 下:MX-R)
更新: 2015/07/24
スペック

後継機種での軽量化を望む。

Logicool Wireless Mouse G700

製品名 : ロジクール ワイヤレスマウス G700 (Logicool® Wireless Mouse G700)
価格 : オープンプライス
販売開始 : 2010年9月3日 保証期間 : 3年間
マウス本体サイズ (横x奥行x高さ)mm : 79.8 x 126.3 x 45.9 マウス重量 g : 151(乾電池含む)
レシーバーサイズ : 14.4 x 18.7 x 6.1 レシーバー重量 g : 2
ケーブル長 cm : 170
カラー : ブラック
センサー能力
センサー方式 : 不可視レーザー
解像度dpi : 200~5,700(可変式)
イメージプロセス : 12メガピクセル/秒
最大加速* : 30G
最大スピード* : 165インチ/秒
感応性
USBデータフォーマット : 16bit/axis
USBレポートレート : 1000レポート/秒
スリープモード : 設定可能
摩擦係数
動摩擦係数 -μ(K)** : 0.09
静止摩擦係数 -μ(S)** : 0.14
総ボタン数 (含む横スクロール) : 13
スクロールホイール : 有(高速スクロール機能付)
水平スクロール : 有
対応ソフトウェア : SetPoint™ 6.x (ロジクールのWebサイトからダウンロードが必要です)
対応OS : Windows XP / Windows Vista / Windows 7
接続I/F : USB
付属品 : 充電ケーブルおよびレシーバー用延長ケーブル

更新: 2015/07/26
総評

今でも現役で使っているくらいお気に入り(壊れて2代目だけど…。)

 結局、重さを克服できるかどうかで、印象がかなり変わると思います。


今まで軽いマウスを使っていたような人が、これを使ったらどう感じるんでしょうか。

 

逆に今までMX-Rを使っていた私は、すぐなれて使いやすかったです。

 

MX-Rの後継じゃないのかこれ?(汗)

 

 ボタン数が多くて使いこなせない!というか覚えられない…。(私の問題。)

 

慣れて覚えた上で使いこなせれば、効率が上がりそうですが。

 

設定さえすませてしまえば、ショートカットを多用する人に役立つアイテムかと。

 

 クレイドルをなくしたのは非常に残念です。 

 

無線で使用後にいちいちケーブルでつなぐのが面倒で、使用中に電池切れになり優先で仕様にすることが多いです。

 

内蔵充電池とエネループでこんなに使用感が変わるものなんですね。

 

MX-Rの不満は内蔵充電池くらいで、「何で交換できないんだ」と思っていましたが。

 

いちいちエネループを交換して使うのはめんどくさいので、ケーブルで繋いでしまいます。

 

 

 



最後に、このたびはレビューをさせていただく機会をいただきまして、株式会社ロジクール様、zigsow株式会社様及び関係者の皆様、ありがとうございました。

287個目。

コメント (12)

  • きっちょーさん

    2012/02/22

    レビューお疲れ様です^^
    やっぱり良いレビューだと思います。分かりやすい!

    あと、、あえて言うなら、
    KT式というか、、むしろギレン式だと思いましたwww
  • UDさん

    2012/02/22

    きっちょーさん>

    流石ですね、見抜くとは(汗)

    ギレンの演説(TV版、映画版)見なおしましたよw

    動画貼るのは流石にやめましたが…。

    KT&GZ式にしようとかも考えましたw
  • リーダーさん

    2012/02/22

    レビューお疲れ様です(^^

    あっれ・・・そんなに電池もたないんですか?
    結構興味のある製品だったので、そこはかなり重要ポイント・・・
他9件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ほかのユーザーのレビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから