レビューメディア「ジグソー」

Synology NASと組み合わせて、外から自宅の様子を確認できるIPカメラ。もちろん首振りも可能!

SynologyのNASにはSurveillanceStationというカメラによる監視アプリケーションがあります。

SurveillanceStationはビジネス目線なのか、USBカメラは認識せず、IPカメラしか認識しないという難点がありました。

 

しかし、先日SurveillanceStationがバージョンアップし8.2というバージョンになりました。

バージョンアップ内容を事前に見ていて、なんと余っているスマートフォンに「LiveCam」というアプリを入れることでIPカメラとして使えるようになったのです。

 

待ってたぜ!

って思ったのもつかの間、「LiveCam」はiOSでしか提供されていませんでした。

なぜ、androidがないのだろう・・・余ってるandroidスマホたくさんあるのに。。。

 

すごく残念だったので、IPカメラを手に入れてしまいました。

 

なおSurveillance StationでサポートしているIP カメラの一覧は下記から検索できます。

Surveillance Station IP カメラのサポート一覧

 

更新: 2019/04/08
総評

昔の32万画素タイプ。価格を考えれば十分

すっごい古いIPカメラです。

発売日は2004年 4月28日。

画素数は32万画素。
大きさは幅74mm×高さ98mm。奥行きが61mm。
ここにACアダプタ、有線LANケーブルが繋がるので背面にはもう少しスペースが必要です。
パン、チルトも可能で、動体検知センサーも付いています。

ヤフオクでは1000円位で入手可能です。

 

本体にあるリセットボタンを押して初期化。

その後、初期IPで接続して、IPカメラの初期設定を完了。

その後、Synology Surveillance StationからIPカメラのIPアドレス、機種を指定してあげれば認識完了です。

 

スマホには「DS Cam」というアプリをインストールすることで下記のような画面での操作ができます。

 

また、Windowsの場合には、「Surveillance Station Client」というGPUアクセラレーションを利用して、スムーズに監視映像を再生できるアプリも用意されています。

 

もちろん、どちらのアプリでもIPカメラのパンやチルトといった操作も可能です。

もうちょっと解像度が良い機種でもいいなぁと思いましたが、遊びなら十分です。

 

また、SurveillanceStationでは、以下の設定ができます。

・Synology NASへの録画を行うスケジュール設定

・動体があるときだけ録画を行う。動体については閾値設定

 

何かと便利です。

 

SynologyNASはカメラに特化したNVRシリーズがあります。

そこで培った技術がアプリに生きてるなと感じました。

 

特徴としては以下になりますね。

・NASなので容量無制限。

・NAS上の録画データはクラウド越しに見れる。
・PCとスマホのアプリでリアルタイム確認も可能。
・カメラはチルト、パンがあるので広範囲が見渡せる。
・スケジュール&動体検知撮影。

 

Synology NASを持っている方にはお奨めですよ♪

なお、QNAPのNASはUSBカメラも認識します。

  • 購入金額

    1,000円

  • 購入日

    2018年11月12日

  • 購入場所

    ヤフオク

18人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから