レビューメディア「ジグソー」

高画質で録画したければカノープスを買っておけば間違いなかった時代がありました

このMTVX2004HFはカノープスのアナログテレビビデオキャプチャーカードです。

掃除をして仕舞うついでにもちもの登録をしようと思います。

このカードは

当時カノープス自慢のアナログ設計チームのG.I.WORKSが手掛けたカードで

採用されたチューナーやチップ類も相まって高画質なものでした。

 

 

■ 主なポイント                              

ソニー製スプリットキャリアチューナー

   映像と音声の信号を分離して処理して主に音が良くなります。

 

松下製の三次元Y/C分離チップ

   このチップでクロスカラーやドット妨害を除去する処理をするのですが

   当時他によく使用されていたNECチップのものは

   処理の誤爆をしてゲイン明暗が出てしまって使いずらいものでした。

   この松下製チップはそういった事もなく

   また三次元ノイズリダクションを同時に掛ける事もできます。

 

フィリップス製ハードウェアエンコードチップ

   MPEG2のエンコードをハードウェアによるリアルタイムエンコードするチップです。

   MTV2000に採用されていた松下製のチップの方が

   高ビットレート時のCBRエンコードは綺麗らしいのですが

   このチップはIフレームオンリーで25Mbpsの高レートでエンコードが出来、

   衛星放送などの高画質なソースを外部入力でキャプチャー、エンコードする時に

   DVのような感覚で編集が出来ました。

 

 

 

 


 

自分が初めて購入したキャプチャーカードは玄人志向のSAA7130-TVPCIで

カノープスのものは当時高くてなかなか買えませんでした。

その後ステップアップでカノープスのQSTV2004を買うもNECチップの明暗誤爆に泣き

MTVX2004HFを手に入れた時はうれしかったものでした。

画質としては当時としてはやはり良いもので

デジタル放送環境に移行するまでずっと使用していました。

今のデジタル放送と違って変なコピーコントロールもなく編集などしやすかったので

当時はこういったキャプチャーカードはたくさんのメーカーから出ていました。

 

カノープスは今では外資の傘下になり

名前も変わってしまい業務用の編集ソフトやシステムを販売しています。

古くはグラフィックカード、その後はビデオキャプチャーカードで

魅力的な製品をリリースしてきたメーカーだったので

久しぶりに改めてこのカードを眺めていたら

懐かしさも相まって少しさみしい気持ちになりました。

 

  • 購入金額

    25,000円

  • 購入日

    不明

  • 購入場所

19人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから