レビューメディア「ジグソー」

隠れた代表曲

所持する音楽データに対する私利私欲...イヤ私情私見あふれるコメント、音楽の杜。こういった分野のものは「好み」ですし、優劣を付けるのもそぐわない気がしますので、満足度の☆はあくまで私的な思い入れです。アーティストの持ち歌が多くなると、ヒット曲やライヴでの〆の曲、ファン投票でトップをとる曲など、曲に「色」がついてきます。そんななか、一般的なセールス数としてはトップではないものの、ファンのみならず、その時代に思春期を過ごした人に、歌詞とともに刻まれた曲があります。そんな曲をご紹介します。

 

スガシカオ。ファンク系J-POPで、ジャンル的にも独特の立ち位置にいる彼だが、もう一つ彼の世界を形作るものとして、「歌詞」がある。

 

「作詞家スガシカオ」として、一番有名なのはSMAPの大ヒット曲「夜空ノムコウ」だが、この曲のように「あのころ」から見た「未来」に立って、♪全てが思うほど/うまくはいかないみたいだ♪と言いつつも、最後には♪夜空のむこうには/もう明日が待っている♪と希望を残して終わる曲や、今はつらくても希望をもって♪“あと一歩だけ、前に進もう”♪と勇気づけられるkokua名義の「Progress(プロフェッショナル仕事の流儀 主題歌)」のような路線とは別に、彼には、暗い、昏い、欲望や衝動を歌った歌もある。

 

その中で、最もどろどろとした欲望を歌ったと思われるのが、本作の表題曲「19才」。R指定にもなったPVの印象も併せて、19才という当時「成年直前」の危うさと、欲を歌ったこの曲、とても印象深い仕上がり。そのPVは、エレベーターですれ違った女性に視線を絡めた青年の妄想?カメラマンなのか趣味なのか、薄暗い部屋で、蝶の写真を撮る青年。成虫の標本、さなぎ、這い出す幼虫。その蝶のむこうに、さっきすれ違った女性が視える。女性の部屋だろうか、下着姿の彼女が横たわり、そして自らを慰め始める。それを夢中で撮る青年。いつの間にか女性の部屋に侵入していて、女性にまたがる形になって....抵抗する女性を撮り続ける青年。そして二人は躰を...最後、エレベーターから独りで出ていく青年のカットで終わるこのPVは、「ぼかしあり」の映像で、当時テレビでは放映制限がかかったらしい。これに合わせて、やや病的な歌詞が載せられる-♪唇に毒をぬって/ぼくの部屋にきたでしょう?/あなたのキスで/もう体も脳も溶けてしまいそう♪、♪クロアゲハチョウになって/誰からも愛されたい/九分九厘ないとしても/ほんの一瞬でいいの♪と、大人になり切れない世代の憧れと欲望、そして、サビ前では♪大キライな/ぼく/19才♪と自己嫌悪が歌われる。この曲は、CLAMP原作のアニメ「xxxHOLiC」のテレビ第1期のテーマソング。先行して公開された映画「劇場版xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢」の主題歌、「サナギ」に引き続きスガが担当したが、その「サナギ」=孵化する前の状態、つまり「大人になる前」がモチーフの一つになっている。曲は、スガの初期サウンドブレーン森俊之がプログラミングとキーボードでタイトな世界を創り、オノ・ヨーコや坂本龍一のレコーディングにも参加したギタリスト清水ひろたかが、粘っこいスライドギターを聴かせる(アコギはスガ自身)。そのうえでしゃがれた声で♪19才(「ジューキュサイ」と発音)♪と歌うスガが、いい。

 

続く「ホームにて」は一転、ミドルテンポの明るめの曲で、軽やかなギターカッティングとふわんと残響が載せられたエレピの音は、まるで昼間のホームドラマのBGMのようだが、歌が始まると♪駅のホームの上/ぼくの体/風が通り抜けていく時/春の魔法にかかってしまったみたい…/まるでこの世界が/ぼくのことを/ぼくのだらしない全部を/何もいわずに抱きしめてくれそうな夜♪とスガの世界。

 

サナギ ~theme from ×××HOLiC the movie~ GOTA REMIX」は、その名の通り、映画版の「劇場版xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢」の主題歌「サナギ」のリミックス。リミックスを手掛けたのは、Soul II Soulの楽曲のプログラミングなどで名を馳せた、GOTAこと屋敷豪太。わりに原曲に忠実なミックスだが、後半が電話越しのような帯域の狭いモジュレーションがかかっていて、相変わらず昏い詞には合っているが⇒♪体のうすい粘膜を/直接ベタベタと触られるような/あなたのその無神経な指も/ゾクゾクして嫌いじゃなかった♪

 

DVDの方は、そのエ〇いPVではなくて、2005年のツアーのダイジェスト...といっても、ほとんど楽屋裏風景と、各地でのライヴの数秒の「さわり」の部分だけ。ただ、9月12日の東京公演は、もう少し長く入っていて、ラストのデビュー曲「ヒットチャートをかけぬけろ」がフルで、他の5曲がワンコーラス聴くことができる。スガの弾くギター1本アコーステックライヴだが、最近の「ヒトリシュガー」とは違って、まだループサンプラーなどの文明の利器?の採用度が高くなく、「弾き語り」色が強くて、それはそれで面白い。

最近のアコギライヴに比べると設備がシンプル
最近のアコギライヴに比べるとエフェクター類がシンプル

 

このシングルの表題曲「19才」、一応シングルカットされ、チャート一桁後半まで行ったが、必ずしともスガのベストヒットというわけではない。ただ、やや厨二的アニメの主題歌だったこともあって、それをかなり若い世代が聴いていて、彼らが実際に19才になったときに、再び聴いてその詞の意味を完全理解し、スガの世界にはまる、というきっかけになっている。そのため、今でもライヴでは歌われることが多いし、ファンの中でも「好きな曲」としてあげられることが多い曲。またTwitterでスガに「19才になりました」と報告すると、本人から気まぐれに「だーいきらーいな ぼく19才♫おめでとう!」とレスがもらえることもあるので、それもファンの間では人気だったりして。あと、スガ自身も歴代PVの中で、あのエ〇いPVが一番好きだとかw

 

この曲は、自分がその年齢だった時に聴きたかったと思える曲です。

ジャケットにも蝶がモチーフに使われている。
ジャケットにも蝶がモチーフに使われている。

 

【収録曲】

<CD>

1. 19才

2. ホームにて

3. サナギ ~theme from ×××HOLiC the movie~ GOTA REMIX

<DVD>

「Premium Acoustic Live 2005」 DOCUMENTARY & DIGEST ~アコースティックでかけぬけろ~

・June
・Happy Birthday
・黄金の月
・アシンメトリー
・奇跡
・ヒットチャートをかけぬけろ

 

「19才」

(公式PVは年齢制限があるのでつべで探してください-当時の事務所OfficeAugustaで公開-)

更新: 2022/07/19
必聴度

この曲は、リアルタイムにその齢で聴きたかった

Twitter民の比率がどれほどかわからないが、結構今でも頻繁に「19才報告」があるということは、その人の人生に刻まれている曲なんだろうなぁ...

  • 購入金額

    333円

  • 購入日

    2022年04月17日

  • 購入場所

    メルカリ

16人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • cybercatさん

    07/20

    ×××HOLiCからスガシカオに入った人、結構多いみたい

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから