レビューメディア「ジグソー」

出音しないJUNK品のはずなのに,問題ない?

オーテクのダイナミック型イヤホンのATH-CKR9LTDです.

ドフのJUNK展示ケースの中に,“L-ch出力なし/R-ch音切れするためJUNK”で,3000円売られていました.箱付きで,付属品はすべて揃っていて,外観はとてもきれいに見えました.

症状からして,L型プラグ根元かY分岐部の断線だろうと判断.ATH-CKR9LTDのケーブルは,絡みにくくて柔らかいスリーブなので,引っ張りに弱いという弱点があります.リケーブルすればいいかと思ったのですが,オーテクは独自コネクタを採用しているものが多いので,ネットで調べると交換不可の固定式.

プラグ部なら交換,Y分岐部ならリケーブルも考えて修理のつもりで確保.

※家に帰ってからよく見てみると,ケーブルはプラグまで(多分)2芯並行ケーブル(リッツ線?)で,4線でした.よって,Y分岐部は分岐ではなく,単に二股に分かれているだけなので,この部分での断線は考えにくいです.

 

 

付属品一式.

 

いちばん大事なeイヤホンの購入証明書.

 

久しぶりのカナル型.

 

LTD感のあるRED&GOLD.

 

 

 

 

ATH-CKR9LTDのスペックです(HPより).

型式 ダイナミック型

ドライバー φ13mm×2

出力音圧レベル 110dB/mW

再生周波数帯域 5~40,000Hz

最大入力 200mW

インピーダンス 12Ω

質量(コード除く) 約12g

プラグ φ3.5mm金メッキステレオミニ(L型)

コード 1.2m(Y型)

 

ATH-CKR9LTDの特徴は,D型を対向する向きで2基搭載した “DUAL PHASEPUSH-PULL DRIVERS”としている点です(CKR9/CKR10も同じ).これにより,広帯域再生と超解像度を実現しているそうです.ハウジングは,切削アルミで,ハイレゾ対応(CKR10はハイレゾ対応で,CKR9は非対応).ケーブルは,残念ながら固定式.色は,LTD専用のRED(CKR9/CKR10は黒).

LTDが付かないATH-CKR9は,ハイレゾ非対応で,ハイレゾ対応していたATH-CKR10のノウハウをATH-CKR9に持ち込んで,専用ハウジングと色にしたのがATH-CKR9LTDになります.発売当時の価格は4万円前後で,2000台限定生産だったようです.

 

店頭では,出音しないものを出力確認しても仕方ないと思い,簡単に外観と付属品だけ確認しました.その際,2015年にeイヤホンで購入した履歴がありましたので,安心してお持ち帰り.ケースに経時変化が見られましたが,本体は比較的キレイでした.

 

家に帰り,まずテスターで確認してみると,左右ともに導通ありで,断線していません.左右のバランスも崩れていません.

変だと思いながらDAPに接続して,出力確認.何の問題もなく,両チャネルともバランス良く出力します.出音しないJUNKではなかったの?

 

唯一,気になったのは,DAPに挿す時,“若干弛いかも?“と思いました.ただ,簡単に抜けるような弛さでもなく,REANのプラグでもよくある症状です.

プラグ部の接触の問題かもと思い,グリグリやってみましたが,音切れも一切なし.

結局,JUNKの理由は見当たらず,正常品という判断となりました.いわゆるアタリ!

 

正常品ということがわかりましたので,音を聴いてみます.DAPはZiShan DSD AK4497です.

使用するイヤーピースは,D型カナルタイプのハウジング形状的に考えて,定番のスパイラスドットです.また,スパイラスドットはやや小さめということと,ATH-CKR9LTDの形状的(耳の奥まで入れない)に若干大きめのサイズLを選択しています(通常はM).ATH-CKR9LTDのノズル径は太いので,一般的なイヤピースへの交換は難しい感じです(試しにスピンフィットは強引に入りましたが,Final E-typeは難しいです).オリジナルのイヤーピースでは聴いていないので,スパイラルドットとは印象が少し違うかもしれません.

 

まず,D型らしい迫力のある低域にやられます.D型でもここまで量感があって,明瞭なのは珍しいです.オーテクのSOLID BASSシリーズも量感がありますが,低音番長気質で,明瞭さに欠けていました.しかし,ATH-CKR9LTDは,その両立が見事で,単に低域が出ているだけでは無いです.低域がしっかりしているので,中高域もキレイに,安心して聴くことが出来ます.解像度は十分にありますが,メーカーが謳っているマルチBAの超解像度のレベルには程遠いです.

中域は,これだけ低域が出ているのに邪魔されず,明瞭です.解像度もしっかりあります.ボーカルもやや近めではありますが,明瞭です.高域もハイレゾ対応らしく,しっかり出ており,空間表現もあり,雰囲気が伝わってきます.D型モデルとしては,音場の広がりも感じられます(マルチBAほどの広がりはありません).高域に変な癖がなく,耳障りな部分がまったくないので,とても安心して聴くことができるのが非常に大きなメリットです.JVCのWoodシリーズほどではありませんが,きれいな響きも感じます.

 

低域がしっかり出ていますが,全体のバランスもよく,メリハリのあるオーテクらしい音です.ウォーム系の音色なので,ロックやポップスなのが楽しく聴くことが出来ます.オーテクの独自機構搭載機種は,変な癖があるものが多いですが,ATH-CKR9LTDは変な癖がなく,とても聴きやすいモデルです.なので,ジャズやクラシックもそつなくこなす万能型と言えます.

 

難点としては,ハウジングが独自形状で大きく,重いこと.最近,IEM型を聴くことが多かったので,比較してしまうと装着感はあまり良くありません.ただ,外れるようなことはありませんが,重めなので,モバイル用にはあまり適していないように思います.

あと,ケーブルです.固定式なので,もう少しグレードのいいものを選択してほしかったです.絡みにくいというメリットはありますが,ケーブルノイズが起きやすい材質です.

D型の難点である,装着時にペコペコと音がするのは,“DUAL PHASEPUSH-PULL DRIVERS”でも同じでした.

 

マルチBAと比べると違いはたくさんありますが,D型イヤホンとしては,よく出来たATH-CKR9LTDです.今では,4万円以下は激戦区で,非常にコスパが良い機種がたくさんありますので,おすすめ上位には上がってきませんが,低域の迫力が欲しくて,楽しく聴くにはいい機種だと思います.これが,1万円台なら万能型おすすめ機種として,良い選択だと思います.

 

  • 購入金額

    32,800円

  • 購入日

    2021年08月頃

  • 購入場所

19人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (6)

  • jive9821さん

    10/18

    ATH-CKR9LTDは、細部違いのATH-CKR10という製品ですね。価格もほぼ同等
    でしたし、ドライバーも実際にはCKR10と同じものだったはずです。

    CKR10は一時期安かったので購入してしばらく使った製品ですが、シングルDD
    らしい重厚さと、意外な明瞭さを持ったなかなか良い製品だったと思います。
  • kaerkiさん

    10/18

    音が出ないと思ってとりあえず買ってみたら音が出るなんて何かのご褒美みたいです。
    え、でも32800円は冒険ですねw
  • harmankardonさん

    10/18

    jive9821さん,コメントありがとうございます.
    ATH-CKR10と聴き比べていないので,違いは不明です.
    オーテクの中では,このATH-CKR9LTDはあたりのイヤホンではないかと思います.
他3件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから