レビューメディア「ジグソー」

Macキャプチャーのために。その2

Mac Miniの本体リソースを使わずに、主に作業状況を動画で収録したいと思っていました。

同本体に挿したHDMIケーブルを、スイッチャーかHDMIキャプチャーに挿せば可能ですが、面倒でした。また頻繁に抜き差しも良くないと考え最初はHDMIスプリッターを購入しましたが、MACが拒否。信号が来ていません♪予想通りの結果でした♪

 

分配するからダメなんだと考え、今度は切替器に挑戦です。比較的安価で評判のいいものを選びました。

 

1入力-2出力、2入力-1出力(双方向)対応のHDMI切替器です。

更新: 2021/02/13
機能性

私の目的なら最初からこれでした♪

今回は以下の接続にしています。

M1 Mac Mini HDMI出力

本器

 ↓            ↓

           HDMI1:Benqモニター   HDMI2:キャプチャー機器  

 機械的な切替です。切替デバイスが2つなので特に問題はないです。

目的が冒頭に書いた通りなので、途中で切替を行ったことはありませんがスムースに切り替え可能と推察します。

 

 

更新: 2021/02/13
総評

単純切替で満足

HDMIケーブルの取り回しが面倒ですが、Mac Miniの作業画面キャプチャーを行う時に、いちいちモニターのHDMIケーブルを抜いて、キャプチャーのHDMIポートにさす手間がなくなり満足です。

キャプチャー画面はwindows_PCで収録していますが、ソフトはOBSはBandiCamを使用しています。

収録の様子

これはキャプチャーにATEM MINIを使い、サブモニター(1080p)とWindowsでBandiCamを起動し、Benqモニター上で収録する準備をしている写真です。

なおATEM MINIは入力が4K60Pでも自動で1920x1080に変換されます。収録後の編集は楽です。

4Kで収録したい場合は4KHDMIキャプチャー(4K CAM LINK)*追ってレビューか、NinjaVで収録します。

ATEM MINI使用時はCAM1:α7RⅢ、CAM2:Macキャプチャー、CAM3:手元カメラとなり、すべて録画しています。

友人に編集会社に在籍する方がいますので、収録以外ではWEB会議(WeBex meeting)で同じ画面を出し合って教えてもらったりしています。

なおMacにも画面動画キャプチャー機能は当然ありますが、単純なキャプチャーはいいのですが動画収録となると、CPU負荷があがりますのでこのような方式を採っています。

  • 購入金額

    2,580円

  • 購入日

    2021年02月11日

  • 購入場所

14人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから