レビューメディア「ジグソー」

蛍光イエローに、コンバットカーボン柄が、2019仕様

プロサッカーチームのユニフォーム(ゲームシャツ)は、

ほぼ毎年のように、細かい変更が施されることが多いです。

 

私が、応援している「ジェフユナイテッド市原・千葉」でも、そうです。

 

2016年に背中下部のスポンサー枠が解禁され、

2017年に蛍光イエローがベースのゲームシャツになり、

2018年に鎖骨左右のスポンサー枠が解禁され、

2021年がKappaラストシーズン

 

2017年から2021年の間も、

 

2017年 無地

2018年 スピード感を表現した柄を配置

2019年 KOMBAT KARBON(コンバット カーボン)柄

2020年 幾何学模様で秋田犬

2021年 千葉県の地図

 

と、細かく変更が施されています。

 

新しいシーズンには、新しいシーズンのゲームシャツを着て応援するのがマストかもしれませんが、

2014シーズンモデルの時にも書きましたが、

好みのモデルを着込んで応援するのも、それはそれで良いと思うわけです(^^)

 

ただ、2017年以降、蛍光色が続いているので、

蛍光じゃないイエローだと、

フクダ電子アリーナ(フクアリ)では逆目立ちもします(^^;

 

1着は、蛍光イエローのレプリカゲームシャツが欲しいなと思っていたところで、

ヤフオク!で、旧モデルの未使用品が売られていたので、入手してみました(^^)

 

更新: 2021/06/04
満足度

2019シーズンは、酷い成績でしたけど、ゲームシャツのデザインは、かっこいい!

ジェフユナイテッド市原・千葉

2019シーズン レプリカゲームシャツ

<フィールドプレーヤー1ST>

 

蛍光イエローベースが2017年から継続され、

2019シーズンは、コンバットカーボン柄が描かれました。

2018年から鎖骨左右のスポンサー枠も解禁されたので、

2019モデルは、今に続くフルスポンサー仕様。

左袖のZOZO TOWNは、2018シーズン途中から継続中。

 

2017年当時は、蛍光イエローが目に痛かったのですが、

今では、フクアリに行くと、蛍光イエローじゃないと

逆に目立つようになってきました(^^;

 

2014シーズンモデルと並べると、

同じ鮮やかな黄色でも、発色はかなり違うことが判ります。

 

細かい部分も違っていて、

右胸のKappaのロゴが、2014モデルが立体的なのが、

フラットな熱圧着ワッペンになっていたり、

右袖の市原・千葉が、

2014モデルは刺繍なのが、熱圧着ワッペンになっていたり、

タグも、

縫い付けから、熱圧着ワッペンになっていたりして、

色々と簡略化(^^;

 

2019シーズンは、開幕後の未勝利が続いたり、監督が途中交代したり、

チームの成績は悪かったのですが、

ゲームシャツの見た目は、この数年の中では、

1,2を争うカッコイイ柄だと思っていましたので、

しばらくは、これを観戦着にして、フクアリに行こうと思っています♪

Kappaラストモデルと言われている、2021シーズンゲームシャツは、

いずれ入手しようかなと。

2022シーズンから、サプライヤーは、どこになるのか…

(続く?)

  • 購入金額

    3,280円

  • 購入日

    2021年02月頃

  • 購入場所

    ヤフオク!

12人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから