レビューメディア「ジグソー」

バイク用ブーツです。

イタリアのオートバイシューズメーカー

スチィルマーチン

DENVERを購入しました

 

http://www.stylmartin.co.jp/Urban.html

更新: 2019/12/12

イタリアン?

日本の販売代理店によるよ

最終縫製はイタリアらしいです
原産国偽装?ぽい何かを感じさせてくれますが、

別にイタリアだからいいとかは無いので無問題?

でも靴のダグにはスロバキアってありますw

イタリアってスロバキアだったっけ??

勝手な妄想だけど、美女が多そうなイメージなので
スロバキアのかわいこちゃんが作ったと妄想してみるw

縫製は良いです

レザー品質はナッパ―らしいのですが、とてもナッパレザーとは、思えないほど

革が固いww

 

 

更新: 2019/12/10

オールドな雰囲気のブーツです

ツーリングユースというか80年代~90年代のバイクブーツ感が残る
シンプルデザインが良い感じです。

現代のレーシングブーツだと街中には違和感というか、場違い感があふれ出しますが

この手のブーツだと違和感が少ないと思います。



更新: 2019/12/10

購入理由

ダイネーゼのレザーパンツ(膝スライダー付)

ダイネーゼの2ピース 

(ZIGSOWには上げていないがラグナセカの2ピース)

を持っているのですが、ダイネーゼのこの手のパンツは脛にプロテクターが入っていたり
ブーツイン、ブーツアウトに対応するためふくらはぎから足首にかけてジッパーが2本入っていて

他メーカーよりも嵩張る構造のため、他メーカーのレーシングブーツとの相性が最悪なのですw

(レーシングブーツに脛のプロテクターが入っていてブーツとパンツで2重のプロテクターになる)


単純に街乗り&ツーリングユースに使うにはかなり無理があります

しかし脛プロテクターの無いブーツならブーツアウトで履くことができる

(ダイネーゼの場合はブーツインと呼ばれる)

ということで選んでみました。

 

またジーンズなどでも合わせやすいし、

ミドル丈なのでバイクに乗った状態で靴下が露出したりとかもない


ベルクロとシッパーで脱ぎ履きできるので、煩わしくないし

紐が無いので巻き込む心配もない

 

後は価格だがAMAZONで処分価格だろ?というお値段で売っていたので即ポチ

7900円ぐらいだったので、大変お買い得でした。

 

 

 

 

更新: 2019/12/14
総評

よい!

イタリアンメーカーなので足形はヨーロッパの人に合うようにできている
甲高幅広昭和的旧世代足な私には基本的に全く合わないw

(幅はそこそこある感じですが、甲に痛みが出ます)
合わせるには悲しいかな大幅なサイズアップが必要なワイの足ww

つま先がいっぱい余っても泣かないw

もしくは痛みを我慢してなじむまで耐えるw

 

現状この痛みは丸一日続くとしんどいのでやはりヨーロッパメーカは2サイズ上げではなく3サイズ上げを買えばよかった・・・・と後悔もしています
柔らかさが売りのナッパ―レザーなのに硬いレザーなのでなじませるのに時間がかかりそうですが
なじめば、痛みはなくなりそうです。

(何度か足入れを繰り返し、歩いてみたりして、なじませましたが、足入れが少しは楽になってきたので2サイズアップで正解だった気もします)

OILをたっぷり含ませ、慣らしをしてますが3日目ぐらいからだいぶ、痛みが和らいできています。

靴下2枚~3枚履きしてまだ革を伸ばしていこうと思ってます。
(合皮の場合革の伸びは期待できないので痛みの出ないバイク用ブーツにした方が無難です)

 

 

良い点

シンプルな見た目ですがバイク用なのでシフトガード、踝にプロテクションが有り

一応バイク用CE規格も通っている

そしてミドルブーツにしては軽量に作られている
レザーと裏地の間にフイルムみたいなものが挟まれていて、完全ではない物の防水仕様になっている
ロゴマークが意外とカッコいい

甲高にはつらいけど(2~3はサイズUPが必要)、幅広足にはある程度ヨーロッパの靴にしては広め。

(1サイズUPでOK)
脛にプロテクタが無いので予想通りダイネーゼ製のレザーパンツ&ツナギでブーツアウトができる。

ヒールと甲部分のアコーディオンパネルが足首の動きを妨げないようになっている。

指先廻りが薄く、シフトチェンジに違和感がない。

 

 悪い点

フルグレインレザーだとは思うがナッパーレザーとは思えない点が残念ですけどね。。。
つま先のプロテクターが無い

の2点が残念なところ

 

 

 

8000円で買えるバイク用ブーツなんてチープ感満載で有るけど
処分価格品だけあって元値はお高いブーツなので品質は良いです。

 

 

 

箱も良い

 

革の厚みは1mm程度でワークブーツに比べると薄めですが
めっちゃ革に張りがあって、硬い
合皮かと思うぐらい革に皴一つない状態でした。

慣らし3日目外足側には皴が深く入る部位を使用しているようで

渋い佇まいです

内側は細やかに皴が入ります

 

つま先も細かく皴が入る革質で各パーツに適材を使用していることが伺えます

レザーの特性を熟知して作られている印象で、高級靴なのだと実感ができますね。
縫製もすごく良いです。

 

更新: 2019/12/14

買うときは本国サイトを参考にした方がベター

国内

http://www.stylmartin.co.jp/Urban.html

本国

https://en.stylmartin.it/product/17246419/denver

 

本国サイトを見たらやはりレザーはフルグレインレザーとしか書いてません

国内サイトではナッパレザーです

製造もイタリア縫製ではなくヨーロッパ縫製

 

更新: 2019/12/14

EN 13634:2017 バイクブーツ用CE規格

13534はワイ調べによるとブーツのヨーロッパ安全規格です
EUはやはり安全基準など進んでますね!

EN 13634:2017の下に4桁の数字が有ります

2121と有りましたこれは何を意味するのか調べてみました

1と2に分かれているのはレベル差です

2の方が高い安全性があることを示します

2121

ABCD

桁順に

Aはブーツの丈を意味します

1の場合踝までのショート丈で、2の場合、脛迄あるロング丈

Bは耐摩耗性のようです、

ベルトサンダーの様なものでパーツごとに切り分けた部品を押し当て

穴の開くまでの秒数で摩耗性を測っているようです
Cはインパクトカット

鋭利なものを落下させ、どのぐらいの落下速度で穴が開くか計測するようです

Dは横剛性でソールを挟み込み、どのぐらいの圧力でつぶれるかを計測しているようです

安全基準に対して意識高い系の人はCE規格は良いですね(*´ω`*)

 

  • 購入金額

    25,409円

  • 購入日

    2019年12月09日

  • 購入場所

7人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • kaerkiさん

    2019/12/15

    ブーツにも安全基準があるんですね。
    釣りもスポーツですが釣りする長靴は濡れにゃきゃいいのですが大違いですねw
    しかし基準を通っただけの2.5万は流石です。
    僕の長靴なんかホームセンターで・・・ぁ

    そろそろ揃ったと思うのですが、最終的に
    ヘルメットかぶってて良いので全部着用したライダーをボクは見てみたい。です!
  • ホーリーテールさん

    2019/12/15

    kaerkiさん
    ヨーロッパだとCE規格というのがあるみたいで、その規格の中でオートバイ用の物が存在してます
    購入額8000円弱でしたよ( ^)o(^ )
    2ピースのツナギか革パン用でくねくね道走行用に買ってみました(*´ω`*)

    釣り用品も専用メーカー品だと恐ろしく高価ですよね
    ウエストバックはなぜかDAIWA製です

    バイクに使うとき用の靴7足めで、もうすぐ8足目が到着予定です

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから