レビューメディア「ジグソー」

中華版のMi 9を日本語化するまで

今まで使っていたOnePlus6ですが、

最大輝度で一晩ゲームをやっていたら液晶に焼き付きを起こしてしまったので

折角なのでMi 9のハイエンドモデルを購入してみました。

 

スペックとしてはSnapDragon855にRAM12GB+ストレージ256GBとなっており、

最上位版である本機は背面がスケルトン仕様になっています。

 

海外通販のgeekbuyingに中華版の在庫があったので注文したのですが

この店舗の評判はあまりよくなく、数週間発送されない事もある様です。

 

なのでPayPalで支払いを行い、当日の内にPayPal経由で催促をかけたところ

翌日には発送メールが届きました。

発送より3日後に商品は無事到着、動作確認も出来ました。

ですが現状では中華版なのでGooglePlayなどの機能は使えませんし

言語も中国語と英語のみしかありません。

Xiaomiのサイトでグローバル版のROMがDLできるので

これに書き換える必要があります。

 

届いたMi 9はロックがかかっているので、そのままでは書き換えが出来ません。

まずXiaomiのサイトにアカウント登録をして、アンロック申請を出します。

そうするとアンロック用のツールがDLできる様になります。

http://en.miui.com/unlock/

 

流石に中国語では操作がさっぱりなので

言語を英語に変更します。

これで言語が英語になりました。

 

次に先ほどXiaomiで作成したアカウントと紐付けを行います。

まず開発者オプションを有効にします。

設定のMy deviceよりAll specsに入り、

MIUI versionを連打するとデベロッパーオプションが有効化されます。

 

ここで先ほどのアカウントを登録するのですが、

中国内からでないと正常に登録出来ない様ですので

今回はTurboVPNというアプリを入れて通過させました。

https://apkpure.com/jp/turbo-vpn-free-proxy-server-secure-vpn-service/free.vpn.unblock.proxy.turbovpn

GooglePlayがまだ使えないので、

Mi 9とPCをUSBで接続し、ここからDLしたAPKファイルをストレージ直下にコピー、

Mi 9のファイルマネージャから実行してインストールします。

 

無事登録が出来たら一旦Mi 9本体の電源を落として

ボリューム下と電源を同時押しで起動してFastModeで起動して

USBでPCと接続します。

 

ここで最初にDLしたアンロックツールを起動します。

IDとパスワードはXiaomiに登録したアカウントを入力します。

Unlockを押すとチェックとアンロックが開始されます。

残念ながら後258時間経過しないとアンロック出来ない模様です。

アンロック出来次第追記します。

 

 

 

 

※2019/05/01 追記

さてアンロックを待っていると丁度令和を迎えました。

無事アンロックが成功し、ここからグローバルROMを焼く訳ですが、

公式のMIFlashツールを起動すると謎のエラーが出て起動しません。

ネットで情報を探すとベータ版ならいけるとのことなのでDL。

https://in.c.mi.com/thread-2434-1-0.html

 

公式よりDLしたグローバルROM(stable版)をツールを使ってFlash!

しかしツールには成功と出たものの、再起動するとFastBootの画面しか出ません。

これは文鎮化か…?

 

そこでTWRPを入れてみる事に。

https://androidfilehost.com/?fid=1395089523397950296

コマンドラインで実行するのでイメージファイル名をtwrp.imgに変更して

fastboot flash recovery twrp.img

を実行。

ボリューム上と電源を長押しでTWRPが起動出来た。

wipeを選択して一旦お掃除。

そして再起動。

 

すると見事起動に成功!

言語に日本語もあり、これで成功かと思われたのですが、

ストレージを見ると「16GB」の表示が。

本来256GBのはずなのに16GBしか使えない状態に…

 

Xiaomi公式サイトを見てみると別バージョンのROMもあったので

そちらを使って再度Flash!

今度はちゃんと256GBと認識されました。

 

次は通信関係です。

現在Lineモバイルのsimがあるので

それを使ってみたところ、アンテナは立つもののデータ通信が出来ません。

通話は3Gになりますが出来ました。

調べてみると一見関係無さそうですが、

「au回線でテザリングが出来ない場合はAPNタイプをdefaultにする」

というのがあったので試してみたところデータ通信が可能に。

よくわからないですが、そういう物なのでしょうw

 

VoLTEはどうだろうと思って調べてみました。

電話を起動して、

*#*#86583#*#*

と入力するとVoLTEが利用可能になるオプションが出現。

これで多分音声通話もVoLTEで繋がるのでしょう。

 

簡単だと思ってましたがかなり四苦八苦の上で日本語化出来ました。

これから中華端末を触る人の役に立てばと思います。

 

最後にAnTuTuベンチをば。

  • 購入金額

    108,344円

  • 購入日

    2019年04月20日

  • 購入場所

    geekbuying

19人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから