レビューメディア「ジグソー」

スチーム式加湿機能のついた加湿空気清浄機はやはり消費電力高いなと



1年ほどスチーム式加湿機能を備えた加湿空気清浄機を使用していましたが、
加湿中ずっと湯を沸かし続けることになる関係上どうしても消費電力が高く、
冬になってコレと暖房器具を同じ電源の系統につないで使用したところ
ブレーカーが落ちたりしたので、やっぱ電気使いすぎかなーということで
消費電力が低い気化式加湿機能を備えた加湿空気清浄機に買い替えました。
・・・まぁ買い替える前は気化式加湿機能のついた加湿空気清浄機だった
ので、また戻るのですが(w
デザインが奇抜すぎるというかスペース取り過ぎなのでスリムなものが
ほしくなったので、意味のある買い替えということにしておきます。

でAmazonのタイムセールで安売りしていたこちらを購入してみました。
SHARPの最新モデルがKI-JS70で、1世代前がKI-HS70・そしてその前が
こちらのKI-GS70なので2世代前のが未だに売っていたようですね。まぁ
加湿空気清浄機だと毎年モデルチェンジしてもそう大きくは機能差が出て
こないので、数世代前でも機能的には十分ですし。ただこのシリーズだと、
次年度モデル以降はクラウドサービスのCOCORO AIRに対応してスマホや
スマートスピーカーから連動して使用できるようになるので、割と値崩れ
しない感じではあります。

大型デジタル表示の湿度計を備えており、加湿の状況が一目で分かります。
また、一番の消費電力についても今までの加湿空気清浄機の空気清浄運転
の強モードと、今回の加湿空気清浄機の加湿空気清浄運転の強モードが
ほぼ一緒くらいということで加湿機能の消費電力が丸々浮いてしまいますw
やはり気化式に慣れてしまうと他の方式のものには戻れませんね・・・。
まぁ加熱しないので、水タンクはそこそこのペースで手入れしないといけ
ないですが。給水タンクが大型モデルらしくかなり大きいので、1日は
余裕で持つのもよいです。

このモデルでぽつぽつ聞く微風運転時の共振音については、カーペットの
上に設置していることやリビングという性質上耳を澄ませるようなことが
殆どないことから、今のところ気になっていません。気になるようになっ
たら制振材とかで悪あがきしてみたいとは思っていますが・・・。
  • 購入金額

    20,800円

  • 購入日

    2019年12月25日

  • 購入場所

    Amazon

9人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    本格的な冬が来る前に! 早めに寒さ対策をしよう♪

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから