レビューメディア「ジグソー」

見た目通りの澄んだ音質 究極のシングルBAか

qdc製のBAイヤホンのNEPTUNEです.

qdc特注BAのシングル構成で,フェースプレートにマイカを使用したブルーのトランスルーセントが美しいイヤホンです.天然素材のマイカなので,同じ模様は存在せず,すべてがオリジナルペアとなります.

端子はUE/qdc用2pinのリケーブル対応で,リモコン付きの3.5mmプラグです.このUE/qdc用2pin端子は,他メーカーのCIEM2pinと端子間距離は同じなので挿すことができますが,極性が逆となります.qdc端子のためケーブルの種類を増やしたくなかったため,QDCには手を出さずにいました.

 

 

以前から気になっていたNEPTUNEだったので,URANUSと聴き比べた上で,あえてNEPTUNEを選んで,かつ,いつもながらの中古で,かつ,本体のみを入手しました. 理由は,本体のみの中古が一番程度がよく,手持ちにUE用のケーブルがあったのと,MEDUSAなどのCIEM-2pinで極性逆で接続すればいいという判断です.ただ,QDC専用端子の角度から,ケーブルの取り回しに課題はあります.

イヤーピースもなかったので,今回選択したのは,FinalのType-Eです.

 

 

 ケーブルはとりあえずこちら.

 

この変換コネクタを使えば,mmcxケーブルも使えます.

 

QDCの上位機種は無視して,NEPTUNEとURANUSに限定して聴き比べました.確かに音の傾向は同じですが,URANUSはNEPTUNEの上位機種で,NEPTUNEの改善点が修正されています.しかし,NEPTUNEのデメリットを弱くなった分,NEPTUNEの特徴も弱くなった印象で,より優等生なリスニング向きイヤホンになってしまいました.

リスニングイヤホンとしては,URANUSのほうが優れているのは認めますが,NEPTUNEの個性こそが最大の魅力に感じます.試聴しないで買うなら,URANUSが無難ですが,ぜひNEPTUNEと聴き比べた上で判断してほしいと思えまる2機種です.

 

NEPTUNEの特徴は柔らかい澄んだ音.マルチBAやD型と比べると,低域の量感は少ないですし,高域も延びているとは言えませんが,独特の味わいがあります.店頭試聴での印象は薄いので,ファーストインプレッションでの選択では外れてしまうかもしれません.しかし,じっくり長時間聴いていると,その絶妙なバランスに納得します.シングルBAなのに音場があり,中域のボーカルが際立ちます.

基本的にシングルBAの特徴が出ているのですが,冷たさを感じず,どちらかといえば,柔らかい音質です.それでもBAらしい解像度もあり,透明感もあり,リバーブが強く感じるため,刺さる感じがありません.

このリバーブの効果と思いますが,ある程度広い空間(スタジオではなくホールクラス)の中で,ボーカルが近く強めに感じます.モニター音質でもなく,原音忠実性もありませんので,完全にリスニングに特化しています.モニター用のイヤホンと比べると,極端な表現ですが,イコライザを通したような作られた音です(録音/再生という過程で聴いている限り,すべて作られた音になりますが).その演出された音がNEPTUNEの最大の個性だと思います.

よって,好き嫌いが分かれるイヤホンであることは間違いないですが,女性ボーカルをメインに聴く方にはオススメできます.

 

シングルBAといえば,Campfire AudioのORIONもありますが,異なる個性です.ORIONのほうがよりスッキリでキラキラ感があります.リスニング用としては,NEPTUNEのほうが優しく,長時間聴いていられます.

 

それから,シングルBAであること(中身はスカスカなので関係なさそうですが)以上に,装着感がいいです.ユニバーサルモデルとは思えない装着感です.イヤーチップがなくても耳へのフィット感を感じます(カスタムではないので当然音質的には駄目ですが).耳掛けケーブルがなくても落ちないように思えます.

このため,イヤーチップによって装着感に差が出ず,イヤーチップは好みのものが使えます(軸は若干太めです)が,finalのE-typeへの交換をおすすめします.

独特の音質ときれいな外観とあわせて,この装着感もNEPTUNEの魅力です.

 

qdcのラインナップとしては,最下位モデル(といっても新品では3万円もします)ですが,試聴する価値のあるリスニング用イヤホンです.

 

更新: 2020/10/19
Stay Home おすすめ度

ポータブルで音質重視なら,この価格帯ではこれとあれしかない

DAP使用に関わらず,ポータブルでイヤホンを3万円前後で選ぶなら,総合的に考えて,QDCのNEPTUNEとURANUSしかないと言えます.少し前の10万円前後のイヤホンの音質に匹敵する実力があります.しかも,ハウジングが小さめで形状も優れていることから,非常にフィッティングが良いです,イヤーピースも定番品が使えます.

唯一,ケーブルが旧UE/QDC用2ピンであることがありますが,標準ケーブルも悪くないので,しばらくはリケーブルしなくても,十分楽しめます.もちろん,高価なケーブルに変えれば,その価値を更に発揮してくれますが.3万円のイヤホンに3万円のケーブルでは,ケーブルを聴くためにイヤホンがあるみたいな感じになります.

1万円クラスのイヤホンを考えているなら,価格は上になりますが,思い切ってNEPTUNEとURANUSを選んだほうが,長く楽しめること間違いなしです.

  • 購入金額

    30,000円

  • 購入日

    2020年05月09日

  • 購入場所

14人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • jive9821さん

    10/19

    NEPTUNEとURANUSは結構持ち味が違いますね。

    URANUSは今3万円近辺でメインの1本を欲しいと言う人にお勧めですが、
    既にそれ以上の製品を持っていて、別系統の音を欲しいという人には
    NEPTUNEは今でも十分魅力的です。
  • harmankardonさん

    10/19

    jive9821さん,コメントありがとうございます.
    まさにそのとおりです.1本持ちなら,確実にURANUSですが,併用なら,NEPTUNEのほうが活かされます.
    ところが,先日のモチモノ登録の中で触れましたが,URANUSも何故か持っているんですよね.

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから