レビューメディア「ジグソー」

かって、「全米で大ヒット」したとか…、シンガマジック! レッド (V9815)

 

シンガマジック! レッド (V9815) です。

手に乗る、小さな縫いぐるみです。

 

 

   はにゃ?

 

我家のローカルルールでは、このキャラクターを「はにゃ」と呼んでいます。

 

(調べれば「キャラクターの名前」は分かる筈ですが、我家ではすでに「はにゃ」が流通しています)

 

 

おへその辺りを押すと、音階を奏でます。

多分、出る音は、C、E、G。

 

もしかすると、もう一つ、C(オクターブ上の)です。

 

これが、おへそを押す度に変化します。

 

ただし、何かの関係(randomか?)でCのところで何かを喋ります。

 

その声が「はにゃ~!」と聴こえる事から、子供たちも自分も、このキャラクターを「はにゃ」と呼んでいます。

 

 

2歳の子にとってはとても興味深い縫いぐるみの様で、毎日、遊んでいました。


   「はにゃ」が突然死!

 

 

昨日の朝、遊んでいる最中に突然、壊れて音が出なくなってしまいました…。

 

その時、なぜか、一声目が「はにゃ!」、そして次も「はにゃ!」。

 

その後、何回おへそを押しても沈黙でした…。

 

機械的に壊れる事もあるとは思いますが、「電池切れ」が最も疑われます。

 

新しい本体を注文しても良いのですが、いつも抱いていて少し汚れた縫いぐるみへの愛着は大切。

 

ここは、一つ「直してみよう!」と…。

 

どうなることか?

 

とにかく、まず、ボタン電池(LR-44×3)を手配することから。

 

※ここで、”hachi”はディレクター(制作担当者)ではなくプロデューサー&アドバイザー(企画立案者、及び、孫達の相談役)的役割を負っています。

我家の嫁は、電気にもPCにも、Webデザインにも詳しいのです!

 

 

   請ご期待!(ネゴシエイター”hachi”)

 

「hachiがプロデュース」と言うのは分かったと思いますが、なぜ、「アドバイザー」なのでしょうか?

 

もしかすると、「アドバイザー」よりも「ネゴシエイター」と言った方が良いのかも知れません。

 

子供たち(続柄としては「孫達」)は、ママが怖くて「オモチャを直して!」とも言えないらしい…。

 

そこで、叱られた時などはいつもジジ(自分、hachi)の出番なのです。

 

そう、hachiはママと子供の間の「交渉人」なのです。

  • 購入金額

    2,160円

  • 購入日

    2018年01月29日

  • 購入場所

8人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから