レビューメディア「ジグソー」

ボージョレ・ヌーボーの夕べ

ボージョレ・ヌー

かつて見られた狂乱は影を潜めているように感じます。

品質が担保されていないワインが、機体を裏切ったことがあるかもしれません。

 

しかし初物好きの日本人 縁起を尊ぶ日本人 気の置けない友人と集まることをカレンダーを眺めながら楽しみに待つ日本人がおります。

 

今年もそれを楽しめる 今年もそれをいただける そんな一時に幸せを感じます

感謝の念を持ちながら抜栓します。

 

更新: 2017/11/17
総評

信用

水谷八重子さんが毎年配られているシャトードピゼイのボージョレ・ヌーボー

私のところへもおすそ分けがまわってまいります。

今年もその喜びをいただけたことに感謝しつつ栓を抜きました。

 

これまでのピゼイは、他のヌーボーにくらべて、色が濃く、複雑で濃厚な味わいが特徴だと感じております。

 

今年のヌーボーも、コルクを抜いた瞬間に香りが立ち上がります。

しかし その水色は少し薄目に感じました。

 

渋みや深みが主だったような印象のピゼイですが、今年のそれはスパイシーさと甘みのマリアージュがあるような印象。

 

私などの知識では、ブラインドで供されると これがボージョレ・ヌーボーだとは気づかないと思います。 

ピノ・ノワールを使ったイガイ・タカハの高級ワインを思い出しました。

 

毎年ボージョレ・ヌーボーのレビューや宣伝コピーは、◯◯年を彷彿とさせる出来栄えだとか

これまでにない仕上がりだとか 褒めて褒めて褒め倒すモノがほとんどです。

 

今年はダメだ とぶち上げて新規顧客を呼べば? という無責任なご意見を聞くこともあります

 

仮に今年のブドウはダメだ となったら きっとシャトー・ド・ピゼイは出荷を見送るのでは?

そんな気がします。

それがシャトーの責任 それが輸入業者の矜持 それが舞台女優の心意気なのかも 

そんなことを考えながらグラスに注いでおります。

 

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2017年11月16日

  • 購入場所

    いただきもの

12人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから