レビューメディア「ジグソー」

英Mullard製のヴィンテージ整流管

SV-2A3EPXで使っていた整流管が、中古のCV378でかなりへたっていたので、買い換えをどうしようか…と悩んだ結果、同じCV378に落ち着きました。

元々SOVTEKの5U4Gが載っていたのですが、CV378の柔らかさというか雰囲気が好きだったので、NOS品を購入してきました。

ちなみに、整流管っていうのは、交流を直流に変換する役割を担っている真空管です。
ヒーターでプレートを熱すると電子の動きが活発になり、電子が空中を飛んでいくんですが、真空管の中の電子の流れは一方通行なので、+と-が逆転すると電子は飛ばず、結果交流を交流に変換することができる訳です。

 

VALVE ELECTRONIC製の軍用向けの管ですが、製造元はMullardでGZ37と同一管です。
細身のST管で端正なデザインの球ですよね。
ブラウンのベースが良い感じです。
個人的にホワイトベースってあまり好きじゃないのですよ。

 

SV-2A3EPXの現在の様子。
左から、RCA 6SN7、Marconi 6V6、SOVTEK 2A3×2(プッシュプル)、Mullard CV378。
いやぁ、暖かい音でかつ奥行きがあっていい音してます。
SOVTEKの5U4Gも良い球だと思いますが、やはり雰囲気の厚み?はCV378のほうが一枚上手。
CastleのYorkと組み合わせると最強です。
York、買っておいて良かった…

いやー、オーディオって楽しいですよね。
2000円くらいのアルバムでも、瞳を閉じると目の前で本人が歌っている臨場感。
好きな歌手を独り占めできる時間はなんとも贅沢です。

…しかし、SV-2A3EPXってモノラルアンプだから、真空管も2本セットで必要になるので、懐直撃です。
CV378はMullardの真空管でもそこまで人気が無い?のか1本1万円程度ですが、大人気2A3はRCA製とかになると4本揃えるとトンデモな額になりますからね。
個人的に、いつかJJの2A3-40にしてみたいのですが、4本買うと…げふんげふん。

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2016年04月03日

  • 購入場所

14人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから