レビューメディア「ジグソー」

「赤い羽根共同募金×piapro」コラボ企画

海外は貧富の差も大きいけれど、富めるものは募金やチャリティーを惜しみなく行う、という文化があるそうな(単に見栄の問題かも知れないが)。一方もともと個人主義でなく地域の共同生活が文化としてある日本では募金というのはあまり根付いていないように思う。町内会経由のような地元のコミュニティに根ざしたものはつきあいなどもあってやる人も少なくないと思われるが、街頭などで呼びかけがある「不特定多数の人への募金」というのは、大規模災害のようなシンパシィを感じさせるものに対して以外には国の経済規模のわりにはあまり活発でないカンジ。

また、そういった募金先のなかには素性のよくわからないものもあるのが問題か...でもきちんとした募金組織も少なからずあって、一番王道?なのが戦後間もなく発足した「赤い羽根共同募金」。各都道府県に共同募金会があり、基本募金をした地区に優先に使われるが、中央共同募金会がこれらを束ね、大規模災害の際には地域を越えて援助する仕組みを持つ全国組織。ここならきちんと収支報告なども公開され、「何に使われたのかワカラン」ということもない。

そんな由緒正しい募金組織が「萌え」とコラボしてるって知ってる?w

きっかけはどうも北海道支部(北海道共同募金会と札幌市共同募金会)。札幌にある初音ミクなどボーカロイドソフトを手がけるクリプトン・フューチャー・メディア株式会社が運営するコンテンツ投稿サイト「piapro」。ここに声を掛けたのは北海道支部にヲt(ry..

..赤い羽根共同募金の啓蒙活動ポスターやプロモーション用楽曲にpiaproで募集した作品を使おうという試み(2012年~)。この試みは上手く行ったらしく?全国的に広がり、2015年度もこのコラボは続いている。キャンペーン中に一定額以上を募金すると、piaproで優秀賞を取った作品があしらわれたクリアファイルがゲットできる...と。このコラボのあたりは裏面に詳しい↓。
赤い羽根共同募金の事業内容やpiaproとのコラボのことが書いてある
赤い羽根共同募金の事業内容やpiaproとのコラボのことが書いてある
今回、「赤い羽根共同募金イラスト部門」の最優秀賞はX-Plorezのイラスト、動画担当アイラの「ぽっかぽか!」。赤い羽根の鳥にじゃれつかれながらにっこにこのミク。暖色系の色使いで暖かい感じ。

もともとミクをデザインしたKEIのタッチは冷たくはないが、COOLなので、そのイメージとは違うが何かシアワセになる。
にっこにこー♡
にっこにこー♡


...そいえば、この運動の発祥の地の北海道だけは絵柄が「北海道限定『赤い羽根共同募金運動×雪ミク』イラスト」なんだってよ?よ?

赤い羽根共同募金イラスト&テーマ曲 結果発表(2015年度)
  • 購入金額

    200円

  • 購入日

    2016年01月10日

  • 購入場所

    ぽぷかる5

24人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (4)

  • れいんさん

    2016/01/29

    おいらは
    ミクちゃんに募金するー
    ハァハァ
    (・:゚д゚:・)
  • cybercatさん

    2016/01/29

    京都にも独自の絵柄があるみたいよ?よ?
他1件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから