レビューメディア「ジグソー」

2000年発売のフルアルミケース

WiNDyというブランドを知っている人はそこそこ自作経験が長いと思いますが、星野金属工業のWiNDyシリーズが大人気を博していた頃にCooler Masterが対抗馬として投入したのが、このATC-200-M21。

発売は2000年1月なので、もう15年…というか16年になりそうな製品。

 

肉厚のアルミを使ったケースで、お値段なんと49,800円。

今では高額ケースもいろいろ種類がありますが、当時としてはかなりぶっ飛んだ価格だったように覚えています。

 

Z97環境を移植するために、実家から引き上げてきました。
端正なフォルムで古くさく感じず、今でも十分に通用するデザインだと思います。
ただ、全てのファンが8cmなのが時代を感じます。
フロントUSBなにそれ?な時代なので、フロント端子は電源とリセットのみ。
思い切りがいい感じです。

 

当時は12cmファンは一般的ではなく、さらにサイドフローのCPUクーラーなんぞありませんでしたので、ケースの幅は5インチベイと電源ユニットが基準となっており、かなりスリムです。
最近の12cmファン搭載のサイドフロークーラーは装着不可、トップフロークーラーでもかなり側板と距離が近くなるので吸気不足に陥ります。
そこで、側板に12cmの穴を開けて、エアフローを補っています。

 

16年前のケースに、Z97&Core i7-4790のセットを詰め込んでみました。
電源ユニットですが、このケースは上部パネルを外して上から入れるのですが、当時はここまで巨大な電源ユニットがなかったので、そのままでは入りません。
そこで、干渉する部分のアルミ板を切り取って無理矢理入れることに。

ATXフォームファクタって歴史が長いのですが、16年前のケースがまだ使えるってのも凄いですね。
デザインがすっきりしているので、オーディオ脇においてリビングで使おうと思います。

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2015年12月13日

  • 購入場所

19人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (7)

  • Vossさん

    2015/12/13

    スピーカー内蔵なところに、時代を感じる。
    このケースは当時憧れの一品だったなぁ・・・・
  • ちょもさん

    2015/12/13

    Vossさん:
    ケースにスピーカーが内蔵されていたのって、この頃くらいまでですよね。
    今どきのPCでマザボにスピーカー繋いでいる人っているんだろうか…?
    当時、このスピーカーからサウンドも再生されると勘違いしていた人も結構いたなぁ。
  • Vossさん

    2015/12/13

    サーバには、別売品買って挿してますね>スピーカー
    基本、メイン以外全てRemoteなので、起動停止してるときに鳴らす用。
他4件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから