レビューメディア「ジグソー」

ちょっと危うい気はするけれど。

2010年頃、ヤフオクで1台目を買いました。
出力電圧を切り替え、DC出力のプラグを差し替えて使用するタイプです。

例によって、こんな感じのえらく豪華な化粧箱に入ってきました。(モッタイナイ。)

 

 

2015年、Aliexpressの時は、バルク状態、緩衝材付き封筒で送られて来ました。(簡素でよい!)

 

 

選定ポイント

  • ケースがアルミ製なので、放熱性と難燃性を期待しました。今まで燃えたり発煙したことはありませんが、意外と発熱するのでアルミケースは正解かなと思っています。
    発熱が多めということは、言い換えると電力の変換効率がイマイチということかもしれません。
    また、この出力電圧切り替え可能アダプタの亜型として、機能的に同じで90Wタイプのプラ筐体入りのモデルや出力電圧を7セグLEDで表示するモデルがあります。最も進化(?)したモデルはLCDディスプレイが付いています。

  • 出力の電圧を切り替えできます。
    12V、15V、16V、18V、19V、20V、22V、24V(100Wまで)
    選択中の電圧のところのLEDが点灯します。
    USB 5V(1A)← 新しいUSB仕様の2.1Aは無理らしい。
    付け替えて使うプラグが8種類付属します。



  • 入力は、AC 110-240Vのほか、12V(自動車のバッテリー)が使えます。
    (付属のACケーブルは、中国仕様(?)なので、日本用のプラグ変換アダプタかメガネケーブルが別途必要、シガーソケットからDCをもらうケーブルが標準付属)
    拙宅では、ベランダソーラーで12Vのバッテリーに充電しているので、バッテリーの電力をDC‐DC変換して使用するのに好都合と思われました。

  • 出力が100Wまでなので、プラグ形状と電圧が合えばたいていのノートPCには使えます。

 

使用前に


中国から直接購入したモノは、基本的に、通電前にフタを開けて一応確認します。
基板の目視チェックをして異常なければ電源を投入します。ただし初回の電源ON時は、万一の発煙発熱を意識しておきます。そしてDC出力をテスターで測定してから機器に挿します。
電圧と極性を確認しておかないと、ノートPCなどがパーになるかもしれないからです。

そして、使用開始からしばらくの間は目の届く範囲で使用するようにします。

故障 → 解決

 

2015年夏、はじめに購入した1台が、無負荷なら正しい電圧が出るのに負荷をつなぐと急に電圧が落ちるという故障状態になりました。分解してみたのですが、よくわかりません。

そこで、同型と思われる製品をAliexpressで見つけて、ちょうどセール中だったので2台買いました。

新しい製品と壊れた1台を並べて回路をチェックして壊れた1台も直せるものなら直して使おうという目論見です。

 

新しい2台が届いたので、まず、壊れた方からふたを開けました。以前、壊れてすぐ開けた時には気づかなかったのですが、電解コンデンサ(12Vラインの1000uF)のパンクが確認できました。新しい方と比較するまでもなく、似た規格のコンデンサと交換しました。

 

berfore:   after:  

 

直ったようです。使えています。
故障してすぐにコンデンサのパンクを発見して修理できていたら、追加購入はもっと先になったかもしれません。こうした遠回りはよくあることですww

 

新版

新旧を並べてみました。
(上:新版、下:旧版)

 

 

経年のための変色か、古い方は変色しています

 

 

定格は同じようです。

Made in P.R.C とは台湾のことかとおもいきや中国(People’s Republic of China=中華人民共和国)のことです。なんでChinaって書かない?
中国人は自分の国のことがキライなのか、嫌われているという自覚でもあるのかしらん。
新版では、もはやMade in の表示すらないです。いいけど。

  


基本的な回路は同じ、基板パターンと部品が改まっています。特に整流素子やコンデンサ。
 


旧版でパンクしたコンデンサは、新版では日本製に変わっていました。

 


http://www.aliexpress.com/item/100w-universal-laptop-AC-DC-power-laptop-adapter-car-charger-for-laptop-with-USB-Power-Charger/32295086381.html

 

 

[付録] DCコネクタ部での電圧の測り方


コネクタの形状によって、センターにテスター棒が届くタイプと届かないタイプがあります。
 

ふつうのタイプ(外径5.5 x 内径2.5mm)の場合(届きます)


 

 

できれば、電気がきているところには素手で触らないほうがいいです(正確に測れない、危険)。
+と-に同時に触ると絶対ダメです。
両手で、測る対象はちゃんと固定して測りましょう。

 

 

細いタイプでも、内側(+)にテスタ棒が届く形状の場合は直接測ります。

 

 

太いタイプでもテスタ棒が届かない形状の場合は、抵抗器などの足に助けてもらいます。


ただ、このアダプタの場合は、コネクタ差し替えタイプなので、つなぎ目のところを少し出して測ることもできます。

  • 購入金額

    1,337円

  • 購入日

    2015年11月26日

  • 購入場所

    Aliexpress

24人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (10)

  • ちばとどさん

    2015/11/27

    千里一歩 さん、
    Chinaって自信持って書いていいと思うんですよね。最近の彼らは、ちゃんとしたモノを作ってるし、このアダプタのように、作りっぱなしじゃなくて改良もしてるし。
    産経新聞が“欺く”とか言ってるのは、ちょっと違う気がしますけれど。
  • CR-Xさん

    2015/11/27

    事前の準備はお手本の様だ1

    SANYOもSUNCON(サン電子)変わっちゃうのか、いづれも日本製で定評ありますね。
    調べたらSANCONとかあるのか、意図的なw類似名要注意。
    参考:■コンデンサメーカー一覧 S
他7件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    新着レビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから