レビューメディア「ジグソー」

最近SSD側には付いてないので

PCに内蔵するパーツのベイ規格は永く5.25インチと3.5インチだったけれど、最近SSDの台頭で2.5インチシャドウベイの必要性が上昇している。

SSDも出始めの時は2.5インチベイ⇒3.5インチベイ変換プレートが付いていることが多かったが、

最近PCケース側の2.5インチシャドウベイの装備が進んだからか、ノートPCの比率が高くなったためそれにはそもそも3.5インチベイがないせいか、付属品として変換パーツが含まれることが少なくなってきた(これが価格に還元されてればよいのだけれど)。

一方アルミフェチのcybercatは21世紀初頭に一世を風靡したフルアルミケース

などを愛用しているので、当時は当然SSDはなく、ほぼノートPC専用として使われていた遅くて容量が少なく割高な2.5インチHDDをATXクラスのPCケースに内蔵するニーズもなくて、2.5インチシャドウベイがあるケースはほとんど持ってない。

今回メインPCのトラブルで以前プレミアムレビュー

で組んだPCを復活させる必要があったが、実はレビュー当時は瞬間的なことだったので、SSDは固定せず、5インチベイの空きベイにちょんと乗っけていただけだった(←OCチャレンジのため中を開けることも多く、サイドパネルなども未装着のままだった)。

しかし、最終的には元メインPCの組み直しか、秘宝PC

の常用化に移行するだろうとは思っても、今月の週末のなさ(休日出勤の嵐)は異常なので復元・構築作業ができるとは思えず、少なくとも当面1~2ヶ月くらいはこの復活させるPCが「メインPC(仮)」になる。これの代わりはもうないので、運用中に衝撃などが加わってSSDが落下し、データがトンだりしたらシャレにならんのでちゃんと固定してやろうと。

そこで、某PCショップの閉店セールで掴んでいた変換パーツを使うことにした。

Owltech(オウルテック)の変換ブラケット「OWL-BRKT15」。

この商品のポイントとしては、SSDの付属品として付いていることが多かった単に2.5インチドライブのネジ穴を3.5インチベイに適合させる「板」状のものではなく、以下の二つの用途に使えるパーツであること。

・2.5インチのSSD(HDD)を3.5インチベイに装着
・3.5インチHDDを5.25インチベイに装着

そのため「板」状のものではなく、ドライブの両側に左右分離したパーツを取り付ける形になる。
2.5⇒3.5変換に使うネジと3.5⇒5.25変換に使うものは袋分けされてる
2.5⇒3.5変換に使うネジと3.5⇒5.25変換に使うものは袋分けされてる
使い方としてはドライブの両側に変換パーツをネジ止めするだけ。
こんな風に..
こんな風に..
ただ、この変換パーツの一番のキモは2.5インチドライブなら2段積みして3.5インチドライブベイ1つに積むことができる事。
実は2.5インチドライブ1枚ではこんなにスカスカ
実は2.5インチドライブ1枚ではこんなにスカスカ
もう一枚、積めます
もう一枚、積めます
単なる2.5インチドライブ⇒3.5インチドライブ穴変換金具と考えると高い。
2.5インチドライブを2段積みできることこそこのパーツの真骨頂。
そうなるとATXケースではなかなか真価を発揮できないかな...←自爆
Mini-ITXケースなんかには最適かもね。
  • 購入金額

    674円

  • 購入日

    2015年03月01日

  • 購入場所

    アプライド

17人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから