レビューメディア「ジグソー」

世界よ、これがオーディオオペアンプだ!

新日本無線がコスト度外視で作ったというオーディオ用ハイエンドオペアンプです。02はBJT入力で、姉妹品にJFET入力のMUSES01があります。

更新: 2016/12/30
音質

OPA627と似た傾向

聴いた感じはOPA627と似ています。情報量が多く、それでいて主張しすぎません。普通のオペアンプよりもずっと解像度が増えます。廉価版のMUSES8820と比べても、心なしか低域や高域の通りが良くなったように聞こえます。

OPA627と違いもとよりオーディオ用として設計されているので、ある意味当然です。

 

過渡応答(A=11 Vin=200mVp-p f=100kHz Rfb=10kΩ 位相補償なし 10:1プローブのみ接続 ガラエポユニバーサル基板)
過渡応答(A=11 Vin=200mVp-p f=100kHz Rfb=10kΩ 位相補償なし 10:1プローブのみ接続 ガラエポユニバーサル基板)

 

(12/30追記)15Ω負荷(セメント抵抗)時の過渡波形を以下に掲載します。

過渡応答(A=1 Vin=200mVp-p f=100kHz Rfb=0 位相補償なし Rl=15Ω ガラエポユニバーサル基板)
過渡応答(A=1 Vin=200mVp-p f=100kHz Rfb=0 位相補償なし Rl=15Ω ガラエポユニバーサル基板)

更新: 2016/06/19
使い勝手

やはりDIPの2回路品は使いやすい

MUSES02は、DIPの2回路品のみがあります。ハイエンドオペアンプで2回路入りは珍しいです。ステレオアンプでは2回路入りのオペアンプを使うことが多く、ソケット実装といえばDIPです。オペアンプを差し替える場合にも適しています(とっかえひっかえする場合はICソケットを二重にすると後々楽です)。

 

±3.5V~±16Vで動作します。ユニティゲイン安定ですが、±3.5Vでは位相余裕が少し少なくなるようです。バッファなしではあまり出力が出ないかもしれません。

更新: 2016/06/19
コストパフォーマンス

2回路入りでこの値段

OPA627に似た感じの音質で、価格も同程度でありながらこちらは2回路入りとコストパフォーマンスに優れています。

更新: 2016/06/19
発熱

あまり発熱しない

24V駆動のcMoy回路では、外気温29.0℃に対してパッケージの表面温度が36.4℃と、人肌程度までしか発熱しないようです。

  • 購入金額

    3,900円

  • 購入日

    2016年04月頃

  • 購入場所

    デジット

11人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから