レビューメディア「ジグソー」

薄くて長いカッターナイフ。力をかけない作業ではとても使いやすい

工具オタクの道具箱。

 

「壁紙を切ることを目的として開発したプロ用」のカッターナイフ(らしい)。

自分としては、「剥がし用途」に、剥がしたいものと土台部分の間に入る「薄い刃」のカッターナイフが必要だっただけで、壁紙を切るのに使ったわけではないけれど。

「内装プロ用」と明確に表示されている
「内装プロ用」と明確に表示されている

 

このカッターナイフの特徴はなんと言っても刃。

一般的なカッターナイフのブレードは刃厚0.4mm前後、長さ80mm程度が多いが、これは薄さ0.2mm、長さ109.5mmという薄くて長いのが特徴(替え刃としてはこれより少し厚い0.3mm厚の「特専黒刃ロングBBL50K」も使用可)。

全長が長めで「寝かせて」使いやすい
全長が長めで「寝かせて」使いやすい

 

表?はシンプルな滑り止め加工のみ、というのが職人好み?
表?はシンプルな滑り止め加工のみ、というのが職人好み?

 

持ち手側には「内装用」らしく、コンセントカバーを外したり、隅にあわせて壁紙を沿わせやすいような、金属製の薄い突起が。

お尻側の金属突起。マイナスドライバーとしても使用可。
お尻側の金属突起。マイナスドライバーとしても使用可。

 

手が小さい人は少しもてあますかも知れないけれど、自分のように指が長めの人には、一般的なカッターナイフより使いやすいかも知れない。

 

力をかけられる太い刃のカッターナイフは別にもう一つ持っているので、細かめの作業は全部これで良いかな。

このカッターナイフ、刃が長いのが使いやすさの源泉なので、短くなっても使うかなァ...?
このカッターナイフ、刃が長いのが使いやすさの源泉なので、短くなっても使うかなァ...?

 

【仕様】

オートロック式
適合替刃:特専黒刃ロング(BBL50K)、特専黒刃ロング02(BBLG50K)

 

商品紹介:特専ツメ付ロング

更新: 2018/04/04
汎用性

薄刃で刃が長いのって使いやすい(ただ商品のウリ文句が?)

薄刃なのは、切ったときに切られた紙を「左右に分ける」力が低いので薄めの紙に歪みを与えないし、何かを剥がしたいとき隙間に入れやすい。⇒「切り口が目立たない切れ味重視の鋭角研磨」←確かに!!

 

刃が長いのは、モノを剥がすときには重要なポイント。こちらに関しては自分的にはウリ文句がウリではないかも⇒「ロング刃なので、新しい刃先が21回使えて経済的」←短くなったら、この商品の魅力の大部分がなくなる。

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2017年頃

  • 購入場所

18人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから