レビューメディア「ジグソー」

使いやすいFETオーディオオペアンプ

音質を第一に開発されたMUSESシリーズの廉価版です。JFET入力であり、姉妹品にBJT入力のMUSES8820があります。

更新: 2016/12/30
音質

FET的な鳴り方

同じJFET入力であるOPA2134よりも大人しくなったように聴こえますが、低域や高域の存在感があります。音質としてはむしろOPA2604に近いですが、MUSES8920のほうが低域や高域がもう少し聞こえやすいです。

 

過渡応答(A=11 Vin=200mVp-p f=100kHz Rfb=10kΩ 位相補償なし 10:1プローブのみ接続 ガラエポユニバーサル基板)
過渡応答(A=11 Vin=200mVp-p f=100kHz Rfb=10kΩ 位相補償なし 10:1プローブのみ接続 ガラエポユニバーサル基板)

 

(12/30追記)15Ω負荷(セメント抵抗)時の過渡波形を以下に掲載します。

過渡応答(A=1 Vin=200mVp-p f=100kHz Rfb=0 位相補償なし Rl=15Ω ガラエポユニバーサル基板)
過渡応答(A=1 Vin=200mVp-p f=100kHz Rfb=0 位相補償なし Rl=15Ω ガラエポユニバーサル基板)

更新: 2016/06/18
使い勝手

ドライブ能力にも優れる

データシート上は出力電流が100mA程度(短絡時)あり、cMoyのように直接ヘッドホンをドライブしても歪みを感じません。ユニティゲイン安定です。

また、DIPの2回路品なのでそのまま差し替えて使うにも良いです(頻繁に差し替えるのであればICソケットを二重にするのをおすすめします)。

OPA2604は±4.5~±24Vで動くのに対し、MUSES8920は±3.5~±16Vと動作範囲が低電圧寄りです。

更新: 2016/06/18
コストパフォーマンス

OPA2604より良い

音質の似たOPA2604と比べ価格が同等か、少し安いくらいです。

更新: 2016/06/18
発熱

DIPだとこんなもの

24V駆動のcMoy回路について言えば、外気温29.5℃に対し39.0℃まで上昇しました。

更新: 2016/06/18
アンプ妨害耐性

場合によっては対策が必要

cMoy(普通の9V電池駆動)で使っていた時は、無信号時などにアンプI由来のノイズが聞こえることがありました(特に地下鉄駅では)。なお、AD00031では電圧が足りないのですが、あえて実験(ノイズ源としてのiPhoneを筐体に接触させる)した時は振幅が35mV程度出ました(RMSではもう少し小さくなりますが)。

  • 購入金額

    590円

  • 購入日

    2015年頃

  • 購入場所

    共立電子

7人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    新着レビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから