レビューメディア「ジグソー」

1987年発売 タミヤRCカー サンダーショット

実家の屋根裏倉庫で偶然見つけた懐かしの一品。
タミヤのオフロードバギー、サンダーショットだ。




子供の頃に父に買ってもらい一緒に組み立てた。
私が実際に遊んでいたもので、20年以上も前のものになる。
しまい込んだのを忘れてしまっていたようだ。

当時はRCカーブームで、友人と一緒に近所の公園で競って走らせていた。
ホーネット、ブーメラン、ホットショット、マイティフロッグ。
一言でRCカーといっても、色々な種類があった。
今思えば、あの頃がオフロードバギーの全盛期だったのかもしれない。

考えてみると、本当に贅沢な遊びだったなと思う。
本体、プロポ、バッテリーなどの一式を揃えると3万円くらいはしていただろう。

さて、このサンダーショットだが、冗談半分にバッテリーを充電して動作チェックしてみたところ、何と動いたのだ。
こうなると、いつかのように全速で走らせてみたいと思い、一度全部ばらして組み直すことにした。

模型屋でパーツクリーナー、グリス、十字レンチ、六角レンチ、ダンパーオイルを購入。
いざ、全バラ開始。
100円均一で買ってきた製氷皿にパーツを種類ごとに仕分けていく。
損傷の激しいパーツがいくつかあり、ばらし終えたところで作業を一旦中断。

どうしたものかと調べているうちに、タミヤがパーツ販売しているという情報を入手した。
25年前に販売された玩具のパーツを未だに取り扱っているとは信じがたい話ではあったのだが、どうやら2005年にスポット販売したようで、そのおかげでパーツ在庫があったようだ。

タミヤのカスタマーサービスに電子メールでパーツを注文。
パーツ到着後に組み上げ作業に入った。

ギア構造が意外に複雑で組み上げに手間取ったが、問題なく組み上げが完了した。
見違えるように綺麗になった本体を見て満足。

早速近所の公園に出かけて走らせてみた。
一晩充電して10分足らずの走行時間というのは相変わらずだが、短い時間でも速度が出るから爽快感があった。

さて、このラジコンだが、処分する決心がつかずに今は納戸にしまい込んである。
次に走らせるのはいつのことだろうか。



受信機とサーボ。このサーボが曲者だった。本当はアンプが欲しかった。



プロポはフタバのATTACK。



モーターはテクニゴールド。マブチは焼けてしまった。
バッテリーはEXバッテリー。
  • 購入金額

    13,800円

  • 購入日

    1987年頃

  • 購入場所

21人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (6)

  • けんこうさんさん

    2012/03/08

    サンダーショット懐かしいですねぇ~
    25年経っていても動くものなんですねぇ~
    私の当時の愛機はグラスホッパーでした。^^
  • ぽんぽんぽんさん

    2012/03/08

    サンダーショット懐かしすぎますw
    そしてかなりきれいな状態ですね
    友人がそれにセイントドラゴンのボディを載せてた気がします
    アバンテは買えなかったので自分はバンキッシュを使っていました
  • yachさん

    2012/03/08

    >けんこうさん

    保管状況はあまり良くなかったと思いますが、何故か動きました。

    グラスホッパー懐かしいですね。
    友人が持っていて、一緒に走らせていた覚えがあります。
他3件のコメントを表示

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから