レビューメディア「ジグソー」

次世代機の実力

現行機のpspと比べ格段に性能が上がっています。
さすが次世代機といったところでしょうか。
大きさはpsp-1000のようなずっしり感はなく、
むしろpsp-3000に近い印象をもちました。
デザインは高級感があり、
カッコいいと思いました。

まず、画質が桁違いです。
ps vitaは解像度が960×544ドットあります。
PSPは480×272ドットです。
これは4倍もの解像度の差があります。
さらにps vitaのディスプレイは有機EL。
PSPはTFT液晶。
有機ELはTFT液晶と比べ格段に鮮やかな発色をします。
もはや次元が違います。携帯機とは思えません。

ちなみにディスプレイ色数はどちらも約1677万色です。
画面サイズは4.3インチ→5インチと大きくなりました。
またps vitaはタッチスクリーン(静電容量マルチタッチパッド)
を搭載しています。
感度は静電容量式なのでなかなか良いです。
マルチタッチにも対応しています。

ps vitaはUMDスロットの代わりに、「PlayStation Vitaカードスロット」があります。
これはSDカードのようなものを挿す仕様になっています。
UMDが無いおかげで「ローディング」で苦労することがpspより格段に減りました。
pspでは読み込みが遅いゲームも多かったので、これには満足です。
カシャカシャ音もしません。
これは良い改善だと思いました。

その他にpspには無く、ps vitaに有るもの(新機能)は
・両面にカメラがある
・傾きセンサー内蔵(モーションセンサー・電子コンパス)
・PS3とシンクロ
・右アナログスティック搭載
・背面タッチパッド搭載
などです。(「GPS」「3G通信」機能は
3G/Wi-Fiモデルのみ搭載しているので注意が必要です)
また、バッテリーのもち具合はpspとほぼ同じくらいだと感じました。


しかし不満点もあります。
ps vitaのメモリカードにSDカードは使えません。
つまり専用メモリカードを使わないといけません。
その専用メモリカードの価格は現在、 

4G:2200円
8G:3200円
16G:5500円
32G:9500円

となっています。SDカードの4Gが500円前後、
8Gは700円前後で現在amazonで売られています。
このことを考えると、
どうしても割高感を感じます。
さらにゲームのセーブは
この専用メモリカードを使わないと出来ません。
よって必ず専用メモリカードを買わなければなりません。
ぜひSDカードを使えるようにして欲しかったです。
このことだけが残念だと思いました。

最後に、
こんなクオリティの高いゲーム機が出るなんて
20、30年前からは想像も出来ませんでした。
まさに、「持ち歩けるps3」と言っても
過言ではありません。
24980円という値段は携帯機としてはかなり高いですが、
その値段以上の価値がこのps vitaにはあると思います。
 
参考になれば幸いです。
  • 購入金額

    24,980円

  • 購入日

    2012年01月頃

  • 購入場所

8人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから