レビューメディア「ジグソー」

Hyper-V Server 2008 R2 で仮想マシン用に使用しています

富士通の静音サーバーです。

CPU が Pentium Dual Core E5400 2.7GHz。メモリは 8GBにしてあります。

このCPUは出荷時期によって VT に対応しているものとしていないものがあり
私が購入したものは対応しているようでしたが、この TX100S1 の全てが対応
しているかどうかはわかりません。

x64 と VT に対応しているため、Hyper-V Server 2008 R2 をインストールして
あります(メーカーの動作保証 OS ではありません)。

特殊なマザーボードで、マザーボードが通常のケースの逆側(向かって左サイ
ド)についています。そのため、右サイドのパネルをあけて中にアクセスするよ
うになっています。

ハードディスクは4台搭載できますが、搭載場所が特殊です。右パネルを開けて
もマザーボードはみえません。ハードディスクベイが搭載されており、パネルを
開く→ハードディスクベイを開くことでマザーボードにアクセスできるようになりま
す。

ハードディスクは付属の160GBに OS を入れ、1.5TB 1台を仮想マシン用、2TB
2台をデータ用に搭載しました。2TBの2台は RAID1 にしてあります。SATA ケー
ブルがハードディスク用に4本予め搭載されているのが嬉しいです。

音は無音というわけではないですが非常に静かで、寝ている時でもほとんど気に
なりません。

うちに Xeon E3110 が余っており、TX100S1 の動作CPU にも含まれているので交
換してみたいのですが、実施してません。

うまく交換できれば追記しようと思います。


2012/4/10 追記
Pentium Dual Core E5400 を外して Xeon E3110 に交換してみました。

交換方法はまず緑色のプラスチックの吸気カバーをはずします。
これはケース前面に近い部分の「PUSH」を押せば簡単に外すことができます。

あとは4本のネジを外してヒートシンクを外すのみです。ネジ止めなので、交換後
再びヒートシンクをつけるときには全体の締め具合が均等になるように注意します。
と言ってもよくわからないのでカンですが……。緑のカバーを元のようにはめ込んで
完了です。

交換前後どちらもデュアルコアで Xeon の方がややクロックが高いというだけで、
性能の違いは特に感じられませんでした。。。

 

2016/7/30 追記

まだまだ元気に動作中。

OSをHyper-V Server 2012 R2 にしてあります。

  • 購入金額

    19,800円

  • 購入日

    2010年10月22日

  • 購入場所

    Sofmap.com

10人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから