レビューメディア「ジグソー」

初の80PLUS 80PLUS PLATINUM電源

今後のPCのトレンドとなる「省電力」
このキーワードを達成するための重要なパーツのひとつが電源だと僕は思っている。

昨今では、80PLUS という指標があり、自分で検証した様々な電源でも概ね80PLUSの等級が上がるごとに消費電力が下がっていく傾向にあった。

そこで今回は以前よりずっと注目してたSuper FlowerのSF-550P14PEをレビューしてみたいと思う。
この電源は定格出力550Wで「80PLUS PLATINUM」認証を取得した電源である。

[ スペック ]
定格出力 550W
搭載FAN  14cmLEDファン、2ボールベアリング、回転数1300rpm、ノイズレベル:17.4dBA(最大)
サイズ 150(W) x 180(D) x 86(H)mm

[ PC構成 ]
CPU :Intel Core i7-2600K #6
CPUクーラー :TrueBlack 120
マザーボード :MaximusIV GENE-Z
メモリー :G.Skill F3-16000CL6T-6GBPID
VGA :GF PGT520-LP
SSD :Crucial RealSSD C300 64GB
電源 :Super Flower SF-550P14PE or Silver Stone SST-ST1000-P
OS :Windows 7 Enterprise SP1 64bit
ケース :CoolerMaster Test Bench V1.0

[ 特徴 ]
○80PLUS PLATINUM
本製品は、GOLDの変換率を超える電源変換効率が90.88%(50%負荷時)を実現し、平均効率は91%を超えるPLATINUMの称号を取得している。

以前GOLD電源のENARGIA 1000WとSILVERのSilver Stone SST-ST1000-Pで比較した場合でも、アイドル時、高負荷時ともにGOLD電源の方がSILVER電源より消費電力が低く10-20W以上もの差がついてた。

今回は、このSuper FlowerのSF-550P14PEとSilver Stone SST-ST1000-PとENELGIA1000Wでどの程度消費電力が変化するのかを検証した。

Silver Stone SST-ST1000-P(80PLUS SILVER)
アイドル時 56W
高負荷時 148W

5GHz
高負荷時 254W

ENELGIA1000W(80PLUS GOLD)
アイドル時 48W
高負荷時 130W

5GHz
高負荷時 233W

Super Flower SF-550P14PE(80PLUS PLATINUM)
アイドル時 43W(-13W/-5W)
高負荷時 130W(-18W/-0W)

5GHz
高負荷時 226W(-28W/-7W)

負荷が高まるほど効率化が利いてSilver Stone SST-ST1000-Pよりも30W近くも消費電力が下がっている。
GOLD認証の「ENELGIA1000W」との比較でも5GHzに7Wの差が付いておりプラチナの優位性がデータから身見て取れる結果となった。

○静音性
この電源を使用していて驚いたことがある。それは、FANが全く回転しないこと。
一瞬初期不良かと思うほど、FANがほとんど動かない。OCCTのPOWER SUPLLY実行時ですらほとんど動かないのだ。この電源に実装されているFANは14cmの温度検知機能付きのFANである。従って壊れていないならば、電源の温度が低いということになる。
実際に電源に触って見たところ、ほとんど熱を持っていなかった。

この電源は高負荷時でもあまり熱を出さないということがわかった。

熱を出さないということは小型のPCを組む時には、非常に有利なアドバンテージになるだろう。
更にFANが回転しないということは静音化にも一役買っていることになる。
回転しても1300rpmと回転数を低く抑えている為、音もほとんど気にならなかった。

FANについて補足だが、仕様表には14cmLEDファンと記載されているが、ファンは光らない。

[ モジュラーケーブル ]
主電源部分以外は、プラグイン式となっている

付属品のケーブルは以下のようになっている。
PCI Express 6ピンケーブルx1
PCI Express 6+2ピンケーブルx1
4ピンペリフェラルケーブル(口数3)x1
4ピンペリフェラルケーブル(口数2+ミニ4ピン)x1
15ピンSATAケーブル(口数4)x2

各ケーブルはフラットタイプの細いケーブルになっていて柔らかい。

本体についている主電源ケーブルは固めのケーブルだ。

○12V 1レーン仕様
僕は、12Vが複数の系統に別れているよりも1レーン仕様タイプの方が好みだ。
理由は、オーバークロックなどで遊ぶ場合に、高い動作クロックの時でもベンチマークでスコアのぶれが少ないからだ。スコアがぶれないということは、電圧が一定でかかってくれているのだと思っている。

[ 総評 ]
非常に優れた変換効率で省電力性を実現。
更に電源内部回路があまり熱を出さないのでFANが回転せず、非常に静音性にも優れている。
リビングPCや省電力性に優れる小型PCなどを組む場合は選択肢に入れてもよい電源だと思う。

オーバークロック時の安定性にも変換効率は一役買っている。
僕の場合5GHz常用時の電圧を0.03Vも下げることができた。

500Wと容量は小さいので、高出力なビデオカードでゲームPCという運用には向かない。
  • 購入金額

    17,820円

  • 購入日

    2011年08月06日

  • 購入場所

    ツクモ

18人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • ネイエフさん

    2011/08/08

    値段は張りますけど
    やはり省電力によさそうですね
    さすがのPLATINUM認証…

    後は実際ファンが回転するとどれぐらいのものなのかは気になるところです
  • つくもさん

    2011/08/08

    ネイエフさん

    省電力性は抜群です、この電源。
    ファンなんですが、本当に全然動かないんですよね^^;
    実質ファンレスといっていいレベルなんです。

    動くこと自体は確認しているので、動いたらレビューに追加します^^

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから