レビューメディア「ジグソー」

「みんなのうた」には時々とんでもない楽曲がくる

所持する音楽データに対する私利私欲...イヤ私情私見あふれるコメント、音楽の杜。こういった分野のものは「好み」ですし、優劣を付けるのもそぐわない気がしますので、満足度の☆はあくまで私的な思い入れです。子供向け番組、ジュブナイルビデオなどのテーマソング、挿入歌に大変優れた名曲があらわれることがあります。そんな隠れた名盤を掘り起こしつつご紹介します。

「みんなのうた」。言うまでもなく教育テレビの長寿番組で童謡~唱歌を流し、情操教育に役立てるのが狙いの番組だ(たぶん)。

「南の島のハメハメハ大王」「およげたいやきくん」など既に新スタンダードとして昔からの童謡と同じく歌い継がれている曲もあれば、Gacktの「野に咲く花のように」や宇多田ヒカルの「ぼくはくま」等のようにこの番組で取り上げられ、アーティスト自身も自分の曲として歌い継いでいる(いい意味で)とんでもない名曲もある。

「月のワルツ」。この曲で彼女を識った。諫山実生という読むのも難しいアーティストだが、子供が小さかったため何気なく点けた「みんなのうた」で目と耳に飛び込んできた。目と耳...そうこの曲は私の中では強く映像と結びついている。暗い夜の空を少年と少女が飛び回りながらワルツのステップを踏む。アニメーション担当はいしづかあつこ。非常に印象的な画で、それに絡みつくようにもの悲しいワルツの旋律が流れる。実は調べるとアニメが先でそれに合わせて曲を作ったらしい。道理で。

幻想的なアニメーションでした...
幻想的なアニメーションでした...


いっぺんに魅入られました。
発売直後に入手した記憶があります。
こういった音楽(と映像)を幼い頃に刻まれたひとはどういう成長をするのだろう?と。
豊かな感性のウチに美しいモノ、切ないモノ、いろんな事を吸収して欲しいなと...



ウチ?う~んウチは嵐の次には久保田利伸を歌い、スガシカオを聴きながらTOKIOの番組も見る、変な感性の子に育ってます。

【収録曲】
1. 月のワルツ
2. 坂道
3. 月のワルツ (オリジナル・カラオケ)

諫山実生 Official Website

「月のワルツ」

更新: 2019/10/07
必聴度

「みんなのうた」屈指の名曲

「みんなうた」には名曲が多いが、映像込みで魅せられたという点ではこの曲が一番。

  • 購入金額

    1,100円

  • 購入日

    2004年12月頃

  • 購入場所

14人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • highteaさん

    2016/04/13

    この曲は何年か前、再放送されて知りました
    いい曲ですね!でも、人の感性って人それぞれ
    なんでよくわかりませんね〜決して変ではない
    と思いますけど、環境かな?
  • cybercatさん

    2016/04/13

    この曲、画先の曲だからか、この不思議なアニメーションに沿った物語が歌われていて、その世界観に非常に惹きつけられますね。

    この動画「NHKの本気」というタグが良くついてます。

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから