レビューメディア「ジグソー」

オーディオ用の廉価な石

オーディオ用としては普及品クラスのオペアンプです。ローノイズ選定品であるNJM4580DDが容易に入手可能です。

更新: 2016/12/30
音質

普及品クラスの基準

オーディオ用によく使われる高音質なオペアンプと比べると、全体的に靄の掛かった、大人しい印象を受けます。しかし、100円程度の普及品にしては聴ける音質で、場合によっては中堅クラスと遜色ないように感じるかもしれません。オペアンプをとっかえひっかえするような場合、普及品クラスの基準と考えています。

100kHz過渡応答(A=11 f=100kHz Rfb=10kΩ)
過渡応答(A=11 Vin=200mVp-p f=100kHz Rfb=10kΩ 位相補償なし 10:1プローブのみ接続 ガラエポユニバーサル基板)

 

(12/30追記)15Ω負荷(セメント抵抗)時の過渡波形を以下に掲載します。

過渡応答(A=1 Vin=200mVp-p f=100kHz Rfb=0 位相補償なし Rl=15Ω ガラエポユニバーサル基板)
過渡応答(A=1 Vin=200mVp-p f=100kHz Rfb=0 位相補償なし Rl=15Ω ガラエポユニバーサル基板)

更新: 2016/06/04
使い勝手

ポータブルにも据え置きにも

データシートによると、±2V~±18Vで動作します。両電源が必要とはいえ、ポータブルにも据え置きにも対応でき汎用性があります。また、2回路入りDIPなのでとっかえひっかえするような用途でも使いやすいです(とっかえひっかえする場合はソケットを2重にして使うと楽です)。

 

なお、入力がPNPになっておりバイアスがプラス方向に出ます。

更新: 2016/06/04
コストパフォーマンス

それなりに良い

1個100円程度の石ですが、それなりに良い音質が出ます。ただ、現在はもっと良い音のする石はいくらでもあるので、予算が厳しいというのでなければあえてこの石を選ぶということもないでしょう。

更新: 2016/06/04
発熱

人肌程度

24V駆動に改造した ChuMoy アンプでは、使っていると温かくなりますが、熱くなるようなことはありませんでした。パッケージの表面温度を測ってみたところ、室温30℃に対し約35℃と人肌程度まで温かくなりました。

更新: 2016/06/04
アンプ妨害耐性

許容範囲内

入力をオープンにしたAD00031にiPhoneを接触させ、Wi-FiをOFF、機内モード(電波OFF)を設定→解除した時に出力される電波を手持ちのオシロスコープで読み取ると、アンプIで下方向に3~4mV程度ずれるようです。

出力にSHE9710を接続した状態で行うと、場所によってはデジタル特有の耳障りなノイズが入りますが、鼓膜に悪いほど大きな音ではありません。そのような極端なことをしなければ気にならないレベルです。

  • 購入金額

    100円

  • 購入日

    2015年頃

  • 購入場所

    デジット

10人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    新着レビュー

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから