レビューメディア「ジグソー」

Twitterのスペースを、PCからスピーカー(発言者)としても利用したいときに

最近SNS系のアプリの使われ方が、「音声」に寄ってきている気がする。

 

LINEのように、旧来の「電話」の概念を強く残した1対1のライン通話から、SNSっぽいグループ通話まで広くカバーするもの。ここのところゲーマーのツールの立場から一般化してきた、チャットアプリのDiscordは、テキストベースでも音声ベースでもコミュニケーションが取れる。音声SNSアプリを有名にしたClubhouseや、最近伸してきたパラレルといった最初から音声をベースに発展してきたものもあれば、それを迎え撃つ?旧来の文字系SNSも音声機能を装備しようとしている(双方向音声コミュニケーションではないが、インスタライヴもその一種?)。

 

twitterもそのひとつ。

 

2021年6月現在、まだ開始1ヶ月少々しか経っていない「スペース」がその機能。「スペース」はフォロワー600人以上いるアカウントが「場を」立ち上げることができて(...のハズなんだけれど⇒後述)、原則誰でも参加可能(直接面識のないひとのスペースに凸するのは勇気がいるがw)。参加者は「ホスト」「スピーカー(発言者)」「リスナー」の3つに分けられ、聴くだけ(リスナーとして参加)なら誰でも可能。スピーカーになれるアカウントは、ホストの設定によって、「スピーカーとして招待したアカウントのみ」「フォローしているアカウント」「全員」と段階的に制御できる。そのため、ほぼ全員がスピーカーとなる知り合い同士の雑談のようなスペースから、大多数がリスナーで、ホストおよび事前に決められたスピーカーのみがしゃべるといった、トークショーや座談会のようなスペースも作ることができる。スピーカーの最大数には制限があるので(現時点で10人)、参加者全員が制御なく発言して、場が阿鼻叫喚になることはない。スピーカーは事前設定のみかと言うとそうではなく、リスナーがしゃべりたい!とホストにリクエストを送ることも可能で、ホストが許可すればスピーカーになることもできる。つまりしゃべったひとが行儀よく退場...つまり順番を上手くさばけば、リスナーも順にスピーカーになることができるので、「会場からの質問に答える」系の使い方もできるわけ。

Twitterの画面の上部にこういう表示があったら、それが「スペース」
Twitterの画面の上部にこういう表示があったら、それが「スペース」

 

アーカイヴは残らないので、刹那系のツールだが、日本では利用者が多いtwitterの機能のためか、急激に広がり始めている。

 

ただこれ、PCブラウザからのtwitterでは、「リスナー」にはなれても「スピーカー」にはなれない(2021年6月16日現在)。(ホストや)スピーカーになるにはスマホアプリから起動しなければならない

 

先日、「スピーカー」となることがほぼ確実だったスペースが開催されたので、準備をしたわけだけれど...スペースの時間が1時間ほどになる可能性が強かったのもあり、その間中スマホをずっと持っているのもアホらしいので、PCで参加することにした。

 

PCでの発言には先日導入したワイヤレスマイク

を使ったのだが、そもそも発言するためには(=「スピーカー」となるには)スマホアプリをPC上で動かす必要がある。

 

これに使ったのが「NoxPlayer」、世界で一番愛用されているAndroidエミュレーター(とか。自己申告w)。

 

元々PCもしくはmac上で、Androidスマホゲームをするために開発されたエミュレーターらしい。2021年6月16日現在最新(windows版)はV7012002(表記上はNoxPlayer 7.0.1.2)。

 

Androidのヴァージョンも、現在のV7012002ではAndroid7がデフォルトだが、旧来のアプリ用にAndroid5を入れることもできる(V7003からAndroid4のサポート終了)。ちなみにBIOS(UEFI)から仮想化技術(Virtualization Technology (VT-X)やAMD Virtualization (AMD-V))を有効化しておいた方が良いようだ。

インストールは特に難しいところはない
インストールは特に難しいところはない(途中で止まる場合は仮想化技術を有効に)。

 

話が前後するが、Android5も選択できる
話が前後するが、Android5も選択できる

 

インストールすると、最初にアカウント設定。Google アカウントを設定する。ウインドウの中にAndroidのような画面が描画される(バッテリー残量や電波状況のような表示もあるが、これはダミーw)。

最初にGoogleアカウント設定
最初にGoogleアカウント設定。

 

これはNoxPlayerのアカウント設定
GoogleアカウントはNoxPlayerのアカウント設定も兼ねる。

 

ホーム画面はこんな感じ
ホーム画面はこんな感じ。右下にAndroidスマホなら下に並ぶソフトキーがある。

 

真ん中の検索窓から、もしくは右上のGoogle Playマーク、デフォルトでデスクトップにある「アプリストア」アイコンからGoogle Playを起動し、アプリを探して、インストールする。

見慣れたGoogle Playの画面。
見慣れたGoogle Playの画面。

 

インストールするとホーム画面にはそのアプリのアイコンが並ぶ。

 

その中からTwitterを起動すると、NoxPlayerの中でスマホ版Twitterが起動する。当初はパッドを横に構えたような横長画面だが、画面右の「…(全ツール)」をクリックすると出てくる「スクリーン回転」で見慣れたスマホ風縦型画面になる。

この「…」をクリックすると、右に拡張メニューが展開
この「…」をクリックすると、さらに右に拡張メニューが展開

 

スクリーン回転すると...
「スクリーン回転」すると...

 

見慣れた画面が...
見慣れた画面が...

 

これにより、先日入手したワイヤレスマイクを使って、無事スペースで発言できた。

リスナーが発言したいときには「リクエスト」を送り、承認されれば..
リスナーが発言したいときには「リクエスト」を送り、承認されれば..

 

NoxPlayerの中で、TwitterのスペースでPCから発言中
NoxPlayerの中で動くTwitterの「スペース」で、PCから発言中

 

かなりいい感じにスマホアプリが再現できるので、ゲームなんかに使っている人も多いようだ。

 

ただ、一部できないこともあって...(←使いこなせていないだけの可能性もあり)

 

本来スペースは、600人以上のフォロワーがいる人がホストになれるとのアナウンスだが、150人ほどのフォロワーしかいない自分も実はホストになれる。

これを「長押し」して...
iPhoneなら、これを「長押し」して...

 

出てくるアイコンから、この紫色っぽいのを押すと...
出てくるアイコンから、この紫色っぽいのを押すと...

 

スペースが開始できる
スペースが開始できる

 

しかし、NoxPlayerの中のTwitterではメニューが出てこない。

 

「エミュレーター」の限界なのか、それとも自分がNoxPlayerを使いこなせていないだけなのか...

 

あと、現在エミュレートするAndroidの最新版が、2020年のAndroid11リリース後だというのに、2016年リリースのAndroid7であるというあたりが、今後のAndroidアプリ側の要求ヴァージョンの底上げで「切られる」可能性があるのは注意が必要か(いちおうβ版だがAndroid9もあるが)。

 

でも、最近PC人口よりスマホ人口が増えたことにより、PCよりむしろ充実しているスマホゲームやスマホガジェットを、「PCに連れてくる」には「使える」アプリです。

 

NoxPlayer公式サイト

更新: 2021/06/16
便利さ

やや重いのが解消されれば...

動作がやや重く、たまに止まる場合があるのが改善されれば...(仮想化技術を有効にすれば、かなり改善する)

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2021年06月08日

  • 購入場所

    bignox.com

12人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから