レビューメディア「ジグソー」

コンパクトな360度カメラの定番ヒット製品

リコーから発売されている360度カメラ「THETA Z1」を入手。
2013年に 初代「THETA」が発売されて以降、360度カメラの代名詞となり、アクションカメラと人気を分けるジャンルでもあった「THETA(シータ)」ですが、この「Z1」はラインアップの中の最高機種フラッグシップモデルとなっています。
このモデルは、購入した時期はわりと入手困難で、市場に出ても即売り切れしてしまうみたいでした。

野外や飲食店など、いろんな場所で撮影したのですが、若い世代の女子に「最新機種?」と声をかけられることが多かったです。Instagram などに代表されるように写真を撮るという独自の文化がある世代には注目のアイテムのようですね。
 
もっとマニアックなカメラだと思っていましたが、イマドキの若い人には当たり前になっていてびっくりしました。

JK世代にはバッグに入るくらいのサイズで手軽に持ち出せて、簡単に撮影できるというアイテムはマストみたい。
スケートボードの時などアクションカメラの代わりに使ったりするんですって。
魚眼レンズのように使うことで、仲間全員が映り込むことができるというメリットもあります。
 
 

こっちが裏側? というか、自分に向いてる側です。握った時に丁度親指のあたりにくるところにシャッターボタンがあり、起動後すぐに押すことができます。
電源ボタンはサイドにあります。起動はデジカメぐらいのスピードですが、ボタンが小さい上に押しづらくしかも長押しするので電源は入れ辛いです。
液晶画面には残り撮影可能枚数などの情報が表示されます。基本スマホと連携させなくても運用できる設計なので、この液晶画面の情報は非常に助かります。

どのように撮影されているかは、連携することで手持ちのスマホの画面で確認できます。画角を決める時など便利な他、自分が写らないような位置まで退避して遠隔でシャッターボタンを押す場合などに便利です。

専用アプリには360度ビューアーで表示できる「theta360.com」へ簡単にアップロードできる機能があり、SNSを意識したコンセプトになっています。アプリは良く言えばシンプルで分かりやすく、悪く言えば特に機能が無いため初心者でも分かりやすいです。

360度カメラで撮影した写真は Facebook が対応しており、動画は Youtube が対応しています。両サービスともアップロードするだけで360度カメラのデータとして認識してくれるので手間いらず。旅先でもアップロードしてシェアするだけなので簡単です。

写真の方は、メーカー公式サイトからダウンロードしたソフトで簡単に360度写真を楽しめる他、そのままでもパノラマ写真として楽しむことができます。
Adobe Photoshop にプラグインを適用すれば加工することも可能です。

https://theta360.com/s/kNa2LAvRmrYVy7QJ94rfyAqLA

昼間は綺麗に写るのですが、夜中はやっぱり弱いみたい。

注意点としては、レンズが前後に飛び出ているので、傷が付かないように注意したいですね。
一応、別売りケースを買わなくても専用ケースが付いてきます。

 

 

付属物は、マニュアル、USBケーブル、専用ファブリックケース。

 

 

 

 

更新: 2020/12/02
デザインと外観

カメラという雰囲気はしない

スティックを握っている感じ。自分が写りこむので、写りたくない場合は棒などをとりつけて頭の上から撮影します。ただし自分の頭頂部はハッキリと写ります。アルミホイルでカバーを自作するなど対処法は検索でヒットします。

 

デザイン面では使い勝手が良く良プロダクト。ただカッコイイとは思いません。

更新: 2020/12/02
コストパフォーマンス

比較するような競合製品があまり無い

解像度がそんなに高くないカメラでこの価格帯は迷うところですが、記録写真としては、1方向だけでなく自分を含めた周囲の画像を撮影できるという優位があります。

自分の「体験」の記録が周囲の環境と一緒に残せるのは楽しいです。

更新: 2020/12/02
携帯性

持ち運びやすいサイズ、軽快に起動

最大の長所は、やっぱり取り回しの軽さ。電池も長持ちするため気軽に鞄に放り込んでおけます。
アクションカメラと同じような感覚で、機動力をもって取り回し、いろんな撮影の仕方ができます。

 

電源ボタンはサイドにあります。起動はデジカメぐらいのスピードですが、ボタンが小さい上に押しづらくしかも長押しするので電源は入れ辛いです。
液晶画面には残り撮影可能枚数などの情報が表示されます。基本スマホと連携させなくても運用できる設計なので、この液晶画面の情報は非常に助かります。

更新: 2020/12/02
操作性

シャッター押すだけ、スマホ連携で遠隔操作も

自分に向いてる側の、握った時に丁度親指のあたりにくるところにシャッターボタンがあり、起動後すぐに押すことができます。

基本的に押すのはこの1ボタンだけなので、操作に悩むところはありません。

 

遠隔での操作もでき、スマホと連携することでスマホの画面で確認できます。画角を決める時など便利な他、自分が写らないような位置まで退避して遠隔でシャッターボタンを押す場合などに便利です。

 

もう少し何かしら機能があっても良かったですね。

更新: 2020/12/02
付属品

ケース付き

専用のケースも売られているのですが、質の良いファブリックケースが付いてきます。
その他、USBケーブル、マニュアルと最低限運用できるものが付いてくるので、開封後すぐに遊ぶことができます。

更新: 2020/12/02
総評

使いどころは難しいが、もっておけば無二の写真が撮れる

 

サイズ感も丁度良く、旅先で気軽にパシャリと撮れるので1台持っておくと便利かも。
不意に景観の良い場所に遭遇した時や、仲間たちとワイワイやっているときとか、シチュエーションは無限大。

飲食店が店内の様子を撮影して、初回入店者の敷居を下げたりとか、これからのビジネス的にも役立つ使い方は多いです。

最大の長所は、やっぱり取り回しの軽さ。電池も長持ちです。
アクションカメラと同じく、機動力をもっていろんな撮影してみたいですね。

  • 購入金額

    106,822円

  • 購入日

    2020年11月24日

  • 購入場所

    Amazon

11人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから