レビューメディア「ジグソー」

外付けSSDなのにRead 2832MB/sと異次元な速さ

に外付けUSB 3.1接続のSSDケースでWindows 10 Proをbootcampで動かしています。

SSDがUSB接続なので、いろいろ制約があり、難儀しています。

(1803から1809への「windows 10 更新アシスタント」でUSB接続だからダメと言われて

1809へアップデートできません。)

 

そこで、この「Thunderbolt 3接続の外付けM.2 NVMe PCIe3.0×4対応 SSDケース」の出番です。

USB接続ではなく、普通のNVMeとして認識されるとamazonのレビューにあり、

最大読込速度:2800MB/s も魅力で、ポチることにしました。

 

スペック)

以下はアマゾンのページの抜粋です。

サンダーボルト 3高速伝送:Thunderbolt 3による接続で、最大40Gbpsの帯域幅を確保(理論値)。最大転送速度2,800MB/sの高速性がウリ。(15Wの電力をサポートするThunderbolt 3ポートが必要。)
世界最小:本体サイズは95×47×10mm(幅×奥行き×高さ)、重量は66gで、世界最小としている。
ソフトウェア & システム要件:アップル MacOS X 10.3, Windows 7/8/10 。M.2 PCIe NVMe SSDをThunderbolt 3に変換するNVMe SSD ケースです。22x80 mm(Type2280)のM.2 NVMe( M-Key PCIe )のSSDに対応します。ご注意: B-KeyインターフェースのSSDには非対応となります。


パッケージ内容:

・1× Thunderbolt 3 SSDケース

・1×Thunderbolt 3 ケーブル(50cm)

・1×工具キット 。

 

外箱

同梱品

パッケージ内容に記載がありませんが、

・2cm x 4cmの「3M ハイパーソフト放熱シート」(?)

・予備のネジ

・収納袋

が入っていました。

箱の内側のQRコードにスマホでアクセスすると

・組み立て方法のPDF

・フォーマット方法のPDF

が表示されます。

 

Thunderbolt 3コネクタ

USB-Cと同じ形状ですが、上部にThunderbolt 3を示す雷マークが印刷されています。

 

更新: 2019/03/07
スペック

これが「Thunderbolt 3 & PCIe3.0×4」の実力です。

 

内蔵させた「SanDisk Extreme Pro(/SDSSDXPM2-500G-J25)」の

スペック

シーケンシャル:

 最大読出し速度 3,400MB/秒;最大書込み速度 2,500MB/秒 
ランダム
 最大読出し速度:410K IOPS;最大書込み速度:330K IOPS

なので、Writeは少しがっかりですが、Readはかなり出ています。

 

このケースのスペック:最大読込速度:2800MB/sを超えています。

更新: 2019/04/28
使用感

組み立ては簡単ですが、放熱には要注意です。

組み立て方法

1.裏の4つのネジを外します。

2.SSDを装着します。

上蓋が外れるので、基盤のSSD取り付けネジを外し、SSDをコネクタに差して

基盤のネジで取り付けます。

3.(自己責任で)放熱に邪魔なシールを外します。

4.放熱シートの取り付け

付属の2cm x 4cmの放熱シートだとSSDのチップ全体が覆われないため

別途用意した「3M ハイパーソフト放熱シート」をSSDのチップ全体が覆われるようにカットします。

5.上蓋をのせて、裏側からねじ止めすれば終了です。


実際に動かしてみて

USB 3.1ケースに入れたSSDから、このSSDにクローンしたところ、

触ると非常に熱くなり、通常運用でも放熱対策が必須と考え

見た目を気にせずに放熱対策を施すことにしました。

 

ベンチマークにはATTO 4.00を5回連続して実行し、温度測定はHWiNFO64を使っています。

 

放熱対策

その1

 手元にあった放熱フィン(W12mm x D21mm x H6mm)を2x7=14個

 3Mの放熱用両面テープで上蓋に貼り付けました。

 

 

 

ベンチマーク中、最高は52℃、平均46℃という結果になりました。

サーマルスロットリングプロテクション(オーバーヒート防止装置)は働きませんでした。

 

その2

 USB接続の冷却ファンで送風することにしました。

 

ベンチマーク中、最高は38℃、平均37℃という結果になりました。

 

 

空冷ファンを使えば、どんなにSSDにアクセスしても38度に収まりました。

やはり空冷ファンは必要かと思われます。

出先で使うのに、もう少し小さいモバイルバッテリーで動く空冷ファンを探そうかと思います。

Amazonで探してこれで運用しています。静穏で冷却性能も良くて気に行っています。


 

対応転送モードを見てわかる通り、PCIe 3.0 x 4、NVM Express 1.3と認識されています。

内蔵SSDとして扱われます。

更新: 2019/03/07
総評

性能は文句なしですが、もう少し価格が安くなれば・・・

Thunderbolt 3ケーブル、放熱シート、工具、予備のネジも同梱して、至れり尽くせりですが、

価格が2万円近くして、それに中国/広東製なので、ポチるのに少々勇気がいりました。

 

USB 3.1 Gen2対応のUSB Type-Cケースが5000円くらいなので、できれば1.5万円くらいになってくれればと思います。

  • 購入金額

    19,999円

  • 購入日

    2019年03月06日

  • 購入場所

    amazon

15人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • cybercatさん

    03/07

    やっぱり熱くなるんですねー。
    自分の外付けM2. SSD

    もけっこうアチチです。
  • mkamaさん

    03/07

    cybercatさん
    速いPCI Express Gen 3x4のSSDは、どれも爆熱ですね。

    放熱フィンの自然空冷だと、熱を処理しきれないようです。

    やはり空冷ファンがあったほうがいいですね。
    人肌の温度で安定します。

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから