レビューメディア「ジグソー」

Kinectからの移行品としてお勧めです。

インテルの深度カメラ+フルHDカラーカメラのRealSenseシリーズです。

広角を購入しました。

D435iは、D435にIMUと呼ばれているモーションセンサーがついたモデルで

ロボットなどに向いています。

 

KinectやiPhone Xと同じテクノロジーの様です。

(ちなみにKinectの深度センサーを製造していたPrimeSenseをAppleが買収したそうです)

 

https://click.intel.com/realsense.html

より抜粋)

Use Environment:Indoor and Outdoor
Depth Technology:Active IR Stereo (Global Shutter)

Intel® RealSense™ Vision Processor D4、Intel® RealSense™ module D410

Depth Stream Output Resolution Up to 1280 x 720

Depth Stream Output Frame Rate Up to 90 fps
Minimum Depth Distance (Min-Z) 0.3m
Maximum Range Approx. 10 meters;

 Varies depending on calibration, scene, and lighting condition
RGB Sensor Resolution and Frame Rate 1920 x 1080 at 30 fps
Camera Dimension (Length x Depth x Height) 99 mm x 20 mm x 23 mm
Connectors USB 3.0 Type - C
Mounting Mechanism :One 1/4-20 UNC thread mounting point

Two M3 thread mounting points

 

D415:$149.00

 モーションセンサー無

 RGB Sensor FOV (Horizontal x Vertical x Diagonal) 69.4° x 42.5° x 77° (+/- 3°)

D435:$189.00(Fifty Limited Edtion)、$179.00(通常版)

 モーションセンサー無

 広角

  Depth Field of View (FOV)—(Horizontal × Vertical × Diagonal) 85.2° x 58° x 94° (+/- 3°)

D435i:$199.00

 モーションセンサー有(ロボットなど)

 広角

  Depth Field of View (FOV)—(Horizontal × Vertical × Diagonal) 85.2° x 58° x 94° (+/- 3°)

 

終了したマイクロソフト/Kinectが移行プログラムについて言及しています。

https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/kinect

Kinect センサーとアダプターの製造は終了しましたが、Kinect 技術は HoloLens、Cortana 音声アシスタント、Windows Hello 生体顔認識、コンテキスト対応のユーザー インターフェイスで今も活用されています。

マイクロソフトでは Intel と協力して、Kinect for Windows プラットフォームからの開発者向けの移行オプションに取り組んでいます。マイクロソフトは、オンライン フォーラム、プレミア サポート、有料のテクニカル サポートを通じて、引き続き Kinect for Windows SDK のサポートを提供します。開発者の間では Kinect ハードウェアからの移行が進んでいるため、Microsoft では、開発者の皆様に Intel RealSense デプス カメラを検討することをお勧めしています。

 

更新: 2019/02/03
使用感

Kinectの機能がこんな小さくなって実現

D435 Fifty Limited Edition外箱

D435 Fifty Limited Edition

D435 Fifty Limited Edition同梱品

D435 Fifty Limited Edition付属の三脚につけて

D435i外箱

D435i 同梱品

D435i

D435 Fifty Limited EditionとD435i

 

Intel® RealSense™ SDK 2.0はこちらから

https://github.com/IntelRealSense/librealsense

 

APIとしては、C++, Python, C#/.NET, Node.js があります。

 

ツールIntel.RealSense.Viewer.exe

の実行結果です。

D435:2D表示

左下は、赤外線カメラです。ドットは赤外線レーザー・プロジェクターから発せられています。

D435:3D表示

D435i:2D表示

D435と違いモーションセンサーの値が表示されます。

D435i:3D表示

 

 

 

  • 購入金額

    0円

  • 購入日

    2018年12月25日

  • 購入場所

    intel online shop(D435)/スイッチサイエンス(D435i

14人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (1)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから