レビューメディア「ジグソー」

爆速、爆熱。

ここ数年、安価なSSDで自作界隈じゃそこそこ知られるようになったApacerと、PHISON。

日本じゃあんまり知名度ないけど、Apacerは自作黎明期から割と知られたメーカーで、多くのマザーボードベンダが動作対応検証に使ってた。産業用メモリでは割と現在でも著名。

PHISONにしても表に名前が出てきてないだけで、USBメモリ用コントローラーのOEM供給じゃ結構な大手だったりする。

 

んで、そのあんまり日本じゃ知られてないメーカー両社によるSSDといえば、どーしても安価なTLC搭載ってイメージが強いんだけども、M.2に限って言えばその印象は捨てたほうがいい。

 

何故なら、搭載するNANDは東芝製MLCであり、コントローラーの性能も高いからだ。

 

ただ、なんつーか・・・・・組込向けばっかりやってる会社だけあって、パッケージがね。

実際、NVMe-M.2のSSDとしては安価な部類(というよりSamsungやOCZがボッタクリ価格)なのだけども、これじゃ思いっきり安物の印象が先に立つ。

もうちょい頑張った見た目にしたほうが、確実に売れると思う。要改善。

 

基盤のほうも、このように組込向けというか実際「Bulk」の文字がある。

ただ、保証についてはちゃんと三年保証なんだそうだ。その点は安心。

 

ただ、実用優先の見た目というか、コントローラーはコアがむき出しで搭載され、欠けやすい角の部分を透明樹脂でカバーしている。

キャッシュはNANYA製のDDR3L-1600で、512MB

NANDチップには、東芝製のTH58TFT0DFLBA8Hを採用している。

 

見た目は地味なれど、搭載されている部品のスペックは中々に凄い。

 

MLC採用ということで、480GBの容量を実現するにはNANDの枚数が必要。

裏面にもきっちりとNANDが搭載されている。

 

都合四枚の搭載ということで、128GBx4の512GBが本来の容量と思われるが、予備領域(利用領域がダメになった時の予備。データを飛ばして延命する)として8GBづつ削られている。

 

産業用を多く手掛けるメーカーだけに、手堅い構成と言えよう。

更新: 2017/04/10
スペック

爆速。0Fullなら3000MB/s 超え。

CDM5.2.1 ランダム T1取得

 

CDM5.2.1 0Full T3 取得

 

さて、このように地味な見た目とは裏腹に、その性能についてはかなり強烈だ。

全ての計測値で良好な性能を発揮しており、スレッド数を増やすことで素直に伸びる傾向を示す。

 

0Fullだと更に性能が伸びるため、SandForce系同様にR/Wデータを圧縮する動作をしている可能性がある。

 

次にATTOベンチマークの結果だが、こちらの結果もかなり強烈だ。

3000/2200というR/W性能も相当だが、SATAでは速度差が出て当たり前の256kBあたりから、殆ど速度が変わらない傾向を示すのが驚異的。

 

ベンチマークだけでなく、実測値もこのようにかなり良好。

こちらはIntel750SSDから本製品に、8.2GBのデータを投げた状態で取得したものだ。

 

ただ、この性能の代償というか、NVMe-M.2製品全般に付いて回る問題と言えばそうなのだが、発熱がかなり大きい。

装着によって最大20℃は温度を下げると言われる大型ヒートシンクを搭載してもなお、最大動作時の温度は60℃近くまでハネ上がる。

 

こちらがその大型ヒートシンク。現在、オリオスペックで販売中だが、在庫僅少らしい。

装着状態で温度計測した結果がこちらだが、動作直後の温度取得では雫さんから「もっと冷やしてよぉ!」って毎回怒られる状態である。

 

なお、私自身は未確認なのだが、ヒートシンク無しでの動作温度は80℃行くらしい。

60℃を超えた時点でサーマルスロットリングが発生することも確認(ヒートシンク取付が甘かった時に計測した。書き込み速度1500→1100MB/sにダウンする)しているので、装着可能であればヒートシンクの装着を強くお勧めする。

更新: 2017/04/10
総評

爆速なのにお手頃価格。これ以上の性能が必要なら倍額。

東芝製MLC採用で、この性能にも関わらず、実売が27000円を切るという、MLCのSATA-SSDをちょいと割高にしたくらいのお値段なこの製品。

 

はっきり言って、お買い得である。

同じ構成のPHISON純正のバルクがドスパラの直輸入でもっと安かったりするが、三年保証が付くこと、NANDに東芝のチップを採用していることの二点を考慮すると、こちらの価格でも十分に買い。

 

発熱対策は必要だが、これはどこの製品でも抱えている問題なので、気にしても仕方ない。

というか、今だけ特価の通常価格は28700円なので、いま買うなら差額でヒートシンクも買える。

 

「ApacerとPHISON」という組み合わせで躊躇してたら勿体ないぞ、こいつ。

 

 

 

 

  • 購入金額

    26,500円

  • 購入日

    2017年04月10日

  • 購入場所

    OverCrockWorks

23人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (2)

  • supatinさん

    2017/04/14

    Vossさん、こんばんは
    (*・ω・)*_ _)ペコリ

    信頼の東芝製NANDと優秀なコントローラー
    しかも大容量でこのお値段は魅力的ですね
    (*´꒳`*)
  • Vossさん

    2017/04/15

    「熱さえどうにかすれば」良い製品です。
    一応、ヒートシンク無しでもサーマルスロットリングによって75℃最大くらいで収まるのは確認できたんですが、それでも精神的には余り宜しくない数字ですねー・・・・

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから