レビューメディア「ジグソー」

課題はあるが音質は〇

NOBUNAGAのPremiumシリーズに属するmmcx-2.4mm4極バランス用ケーブルです.

ケーブルは,8芯OFC線材に銀メッキ処理されており,1芯あたり23本の銀メッキOFCケーブルが使用されています.

2.5mm4極プラグもmmcxコネクタも,NOBUNGAオリジナル仕様で,価格相応な質感です.

ワイヤー長は120mmで,mmcxコネクタのイヤーフックは,ワイヤー入です.

 

 

こちらのCIEM-2pin仕様のMEDUSAのmmcx版です.

 

mmcx-2.5mm4極のメーカー製ケーブルを持っていなかったので,コスパの良いMEDUSAのmmcx版となる雷切改を手に入れました.

 

そのMEDUSAのレビューの中で,以下のように自分で書いています.

銀コートOFCによる中高域の伸びと解像度の向上,8芯化による明瞭さと押し出しの強さ.銀コートのキラキラ感は無く,どちらかと言うとやや固めな高域で,全体的に輪郭をシャープに描写するため,ややタイトな印象です.このため,ハイレゾD型ではなく,マルチBAに適していると思います(CIEM2ピンコネクタなので,必然的にマルチBAとなってしまいますが).

 

CIEM-2pinがMMCXになっても,リケーブルの効果は同じで,かつ,Westoneの標準添付ケーブルの出来が良くないので,バランス化と合わせてリケーブル効果は絶大です(UM Pro50のレビューの中で,添付ケーブルに関して記載しています).

 

しかし,やはり,8芯化とケーブル素材の性質で,太くて,固め(張りがある)で,タッチノイズが気になり,ポータビリティは低下します.タッチノイズは工夫次第で気にならなくなりますが,決して柔らかいケーブルではないので取扱易さは大幅に低下してしまいます.また,太く固めなので,取扱には十分注意しないと,断線の危険性は高いです.

 

メリットとデメリットを天秤にかけ,価格を考慮すると,mmcx用2.5mm4極の銀コートOFCリケーブルとしては,1万円程度で購入できるので,マルチBA用リケーブルの第1候補になります.

ただ,雷切改で十分かと言われると,その上のALO Litz Wire Earphone Cableでもその差は明らかですし,SignalやBlack Dragonと比較すれば,その差は大きいですが,価格差も大きです.ケーブルは,断線する可能性が高いので,イヤホン以上の価格をケーブルに投資できるかの判断は,非常に難しいです.

  • 購入金額

    9,800円

  • 購入日

    2020年04月06日

  • 購入場所

12人がこのレビューをCOOLしました!

コメント (0)

ZIGSOWにログインするとコメントやこのアイテムを持っているユーザー全員に質問できます。

YouTube の動画を挿入

YouTube の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ニコニコ動画の動画を挿入

ニコニコ動画の URL または動画の ID を入力してください

動画の ID が取得できません。ID もしくは URL を正しく入力してください。

ZIGSOWリンク挿入

検索対象とキーワードを入力してください

    外部リンクを挿入

    リンク先の URL とタイトルを入力してください

    URL を正しく入力してください。

    画像を挿入(最大サイズ6MB)

    画像を選択してください

    ファイルサイズが6MBを超えています

    別の画像を追加

    ZIGSOW にログイン

    ZIGSOW会員登録(無料)はこちらから